山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

202158日(土) クルスク 曇り

 明日59日、天気が良ければいよいよ氷床掘削(ボーリング)地点への移動となる。アイスランドからのチャーターツインオッター機のパイロットも、Covid-19の規定隔離期間を持たなければならず、待機が続いていた。

20210508(ブログ用)-1
 

SEドーム地点での氷床掘削は、1ヶ月半ほどの長丁場の予定で、6月末頃までメールの確認が出来なくなります。山崎へお急ぎの用事がある方は、「山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー」HPに掲載の、(一社)アバンナット北極プロジェクト事務局へメール連絡をしてください。伝言を受け取ることが出来ます。

 

写真:クルスクにて、SEドーム氷床掘削の研究者チームの皆さんと。

20210508(ブログ用)-2

202151日(土) クルスク 霧

 氷床掘削(ボーリング)チーム5名は、428日にグリーンランドの首都Nuukから、東海岸側のKulusuk(クルスク)へ定期便にて移動。内陸氷床へ空輸する資材関係の整理している。

予定では510日前後に、観測地点へツインオッター機で移動とのこと。

 

写真:人口250人ほどのクルスク村。

20210502(ブログ用)

2021425日(日) イルリサット 曇りのち晴れ

 今シーズンの、シオラパルクでの活動を終え、村を離れた。

 天気がずっと悪く、421日と23日の定期ヘリコプター便がキャンセルとなった。26日までヘリコプター便が無いとのことで、24日の隣り町カナック発着の定期便に備えて、急遽犬ぞりでシオラパルクからカナックへ移動となった。

自分の犬ぞりチームを連れて行くには、あとがややこしくなるので、カガヤとウーマの二人にお願いして、的場さんと共にカナックへと移動した。バタバタだった。

 424日のカナック発のフライトには間に合い、今イルリサットという町にいる。

このあと東海岸側へと移動し、内陸氷床での氷掘削(ボーリング)に2ヶ月ほど参加。観測サポートをすることになっている。先日、日本から研究者チームがグリーンランド入りし、規定のコロナ隔離待機中だ。この観測調査は、昨シーズンにコロナ騒動で延期になったプランだ。

僕の今シーズンは今しばらく続く・・。しっかり支援したい。

 

写真:4月23日に雪の中、カガヤとウーマの犬ぞりで、カナックへ向かう。

20210423(ブログ用)

2021419日(月) シオラパルク 曇り

仔犬たちは順調に育っている。来シーズンに向けて、胴バンドを装着して、橇に繋いで走る訓練まで終了。ここまで今シーズン出来れば、予定通りだ。このまま大きくなってくださいよ!
 ナイト(左)&ダイヤ。ナイトは騎士みたいにいい表情やなあ・・。

DSC_0015
 

 ミターット(左)&ウンマターファ。

DSC_0039

 以前に、カナダ北極のレゾリュートで出会った、イギリスの写真家Martin Hartley氏のホームページ → Martin Hartley - Welcome 

独特な雰囲気の写真が、お気に入りです。

 

何気なく覗いたら、撮ってくれた僕の写真もあったりするなあ・・。見つけてください(笑)

2021414日(木) シオラパルク 曇り マイナス15.5

ウンマターファ、3.5ヶ月。舌が長いなあ・・(笑)

20210414(ブログ用)

2021330日(火) シオラパルク 晴れ マイナス21.3

 4匹の仔犬たち、生後3か月。少し前から、犬ぞりレッスンを始めた。

20210323(ブログ用)

今日は、母犬コナツと、リーダー犬銀河と一緒に、犬ぞりレッスン。橇には繋がず、フリーで付いてこさせる。いい感じで走った。

20210330(ブログ用)-5

写真上:32021日に、最初は母犬に2頭ずつ連れ立って、僕も一緒に海氷上を走りに行った。(撮影:的場澄人)

写真下:今日の犬ぞりレッスンにて。

2021327日(土) シオラパルク 曇り時々雪のち晴れ マイナス21.2

 エアロゾルサンプリング装置と、気象計の設置を手伝う。

20210327(ブログ用)

写真:観測計を設置する的場さん。

2021325日(木) シオラパルク 晴れ マイナス23.2

 32224日は、強風で野外作業には出れず。25日の今日は天気が回復して、海氷上へ。

20210325(ブログ用)

2021321日(日) シオラパルク 薄曇り マイナス25.6

20210321(ブログ用)

写真:カギャ岬周辺にて、的場さんと。

 2021年3月18日(木) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス22.4℃
 日本から、研究者の的場さん到着。 コロナ騒動で、昨年からの予定が大幅に遅れてしまっているけど、とりあえずシオラパルクでの観測調査が始まる。頑張ってサポートします。

20210318(ブログ用)

2021316日(火) シオラパルク 晴れ マイナス18.6

 4兄妹、2ヶ月半。どうかこのまま順調に育ってくれよ。

20210316(ブログ用)-2

202138日(月) シオラパルク 晴れ、地吹雪 マイナス24.2

 新しい海氷の上に、ワンコが水分補給として食べる雪がないので、雪を袋に入れて持ち歩き、途中で与えている。

普通なら、海氷上に積もった雪を、走りながらワンコは食べて、水分補給する。
新しい海氷は、ようやく30cmほどの厚さになった。


20210308(ブログ用)

2021223日(火) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス20.7

 つきがさ・げつうん。いいことありそうだね!

20210223(ブログ用)



2021220日(土) シオラパルク 晴れ マイナス30.5

 凍ったバナナで釘は打てる??

子供の頃、そんなテレビのコマーシャルを見た記憶がある。本当なのか??

今日は気温がマイナス30℃前後まで冷え込み、ちょいと実験をしてみた。

20210220(ブログ用)
 (動画はトーク時のお楽しみです 笑)

ふしぎな北極のせかい、写真と動画をふんだんにお見せしながら、お話し致します。北極の自然、住んでいる人々、犬ぞり、環境の話等々、子供さんから大人の皆さんにも楽しんで頂けると思います。

今はコロナで動きにくい状況ですが、落ち着いた暁にはぜひお声掛け下さい。帰国期間、日本ならどこへでもお伺いします!

 

お問い合わせはHPをご覧ください→ http://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/

チームやまさきFacebookからも問い合わせ可能です→ チーム やまさき | Facebook

既刊の「ふしぎな北極のせかい」(リピックブック刊)も宜しくお願い致します

→ 犬ぞり探検家が見た!  ふしぎな北極のせかい | repicbook(リピックブック)Inc.

 

2021217日(水) シオラパルク 晴れのち雪、曇り マイナス17.9

曇り&雪がちな、すっきりしない天気が続く。海が開いたからか?

おそらく昨日216日に、太陽が顔を出して、極夜が明けたはず。南の雲の向こうに、太陽が透けて見えた。今日は雲が厚く、またしても陽射しを浴びれず。

20210217(ブログ用)-1
 

 海氷が流失して、悪いことばかりではない。今日17日、村の猟師たちが4頭のセイウチを獲った。獲物の肉は、人々の生活の食糧でもあり、またワンコたちの餌ともなる。犬ぞりよりも船のほうが、遥かに獲物を捕りやすいのだ。

2月にシオラパルク村前の海が開いている自体、珍しいのだが、温暖な気候は、北極に住む人たちにとっては、ある意味で過ごしやすいのでないかと思うことがある。

 

写真上:216日、極夜が明けたと思われる、雲越しの太陽。

写真下:217日、獲れたセイウチに、村の人たちが集まる。

20210217(ブログ用)-2


2021214日(日) シオラパルク 晴れのち雪 マイナス14.9

 どうやらフィヨルドの奥に、わずかに海氷が残っているようだ。海岸に凍り付いた定着氷を伝って、犬ぞりで奥の海氷上に行きたいところだけど、一箇所雪が吹き溜まって、急傾斜で海に落ち込んでいる場所があり、そのままでは通行できず。

このあとすんなりと、海氷が凍結してくれるのか怪しいので、犬ぞりを通すべく、今朝から角ちゃん(角幡唯介さん)と二人で、スコップで雪を削る作業を延々5時間続けた(笑)。100m以上はありそうな区間。途中コーヒーを一杯飲んだだけだった。いい運動になった(笑)。

最終的に、もう少し幅を広げないといけない部分がある。

よく考えたら、先日のブリザードから、スコップを振り続けてるな・・。

 

写真:角ちゃんと、雪を削り取った雰囲気。

20210214(ブログ用)



2021212日(金) シオラパルク ブリザード~高い地吹雪 マイナス8.9

 強烈なブリザードが、少し弱まってきた。
 昨夜8時頃から、シオラパルク前の海氷が、強風に煽られて流失し始めた。

今日のお昼ごろ、明るくなって裏の丘から眺めると、見事に目の前は海だった。

2月中旬で、シオラパルク前の海氷が全面流失したのを見たのは、これが初めてだ。

 

写真:正午過ぎのシオラパルク前のパノラマ写真。全体的に海が広がった。

20210212(ブログ用)


2021211日(木) シオラパルク ブリザード マイナス15.5

 10日の夜から地吹雪となり、11日未明には強烈なブリザードとなった。殆ど視程なし。今朝は、手持ちの風速計では、最大瞬間風速は30m/s以上だった。

仔犬がいる犬小屋が、雪が吹き溜まって埋もれていくので、昨夜から1時間半~2時間おきくらいに雪かきを続けている。

今夜から少しづつ弱まっていきそうな予報。早く止んでくださいよ。もうひとかき。

20210211(ブログ用)-4

 2021年2月8日(月) シオラパルク 晴れ マイナス21.7℃
 暗闇に光るワンコの目玉。

20210208(ブログ用)

202121日(月) シオラパルク 晴れ マイナス26.2

 20歳代、30歳代の頃の自分には、もう決別していて、冒険の世界からはとっくに身をひいている。いつまでも同じ体力ではいれないし、あれこれ危険を想定するようになってしまった。脚が前に出ない。

只今53歳。40歳代の頃のイメージの自分とも、そろそろお別れなのかと気持ちの整理がつきつつある。

と言っても、犬ぞりの現役はまだ続く。ただその(犬ぞり)活用法が、すでにNew Yamasakiの段階に入っている。

また日本では、今後の目標を達成すべく、スーツを着て営業もしてみようか(笑)必要な時期が来ている。これもNew Yamasakiでいかないといけないなあ・・。そこへの順応力、あるだろうか?

古臭いけど、言い聞かせて、今日も明日を信じることにしよう。変わらないのは、今も一つ一つの積み重ねだ。

あ~、早く太陽がみたい。今月中旬には太陽が戻って来る。

 

コロナでちょいと気が折れそうだけど(痛いなあ・・)、研究者の皆さま、待ってますね(笑)。どうか、入国出来ますように・・。

20210201(ブログ用)

2021年1月30日(土) シオラパルク 晴れのち曇りのち雪 マイナス27.4℃

20210130(ブログ用)

2021123日(土) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス17.4

  的ちゃん、観測資材が届きましたゼ。お待ちしてます!(笑)

20210123(ブログ用)

2021122日(金) シオラパルク 霧のち晴れ マイナス18.7

 一昨日から昨日にかけては、まとまった雪が降り、最後は1月では珍しい、馬鹿でかいボタン雪で締め。気温もマイナス2℃前後からマイナス5℃前後と、5月、6月を思わせる、夏だった。夏!作業に汗だく。

 

写真:今日の海氷作業で霧の中、寝て待つワンコたち。

20210122(ブログ用)

2021118日(月) シオラパルク 曇り マイナス18.1

 一昨日のブログで、夜光虫のことを書いたら、アラスカのポイントホープに鯨猟で通い続ける気の合う友人、高沢進吾さん→ カイジュウノツカマエカタ (agviq.blogspot.com) より、詳細な説明がメールで届いた。

 

どうやら僕が思ってた夜光虫ではなく、「コペポーダ」と呼ばれる甲殻類とのこと。なるほど!知らずに夜光虫と書いていた。進ちゃんthanksです!

説明を読んでみると、けっこう貴重なものを見てるんだな・・。

以下、送ってくれたメールより。

 

あのプランクトン、「コペポーダ」と呼ばれる甲殻類の一種です。日本語だと「橈脚類(かいあしるい)」と呼ばれるもの。

みじんこに近い仲間で、世界中の海に生息するプランクトンで、魚類の餌となる重要な種類です。ただし、発光しないものの方が多いです。

なので、発光するコペポーダを見られるなんて、羨ましいです。

 

一方、ウミホタル、これも甲殻類の仲間のプランクトンですが、まるっこくて、脚などはほとんど見えない別種です。

似たような発光プランクトンに、ヤコウチュウ(夜光虫)ってのもいますが、これは植物プランクトンで、赤潮の原因にもなっています。

ヤコウチュウは、栄養の多い海、日本近海ではよく見られます。北極ではほぼいないんじゃないでしょうか。

021年1月16日(土) シオラパルク 雪一時曇り マイナス15.7℃
 夜光虫を捕まえてみた。
20210116(ブログ用)-1
写真:シオラパルク前の海辺で捕まえた夜光虫(上)と夜光虫の光(下)
20210116(ブログ用)-3

2021年1月13日(水) シオラパルク 雪のち晴れ マイナス24.2℃
 太陽が見たい!極夜が明けるまで、あと1ヶ月。
20210113(ブログ用)

2021年1月1日(金) シオラパルク 吹雪 マイナス8.6℃
 シオラパルク村も2021年を迎えました。
今の願いは、少しでも早くcovid-19が終息しますように・・。

20210101(ブログ用)

20201222日(火) シオラパルク 晴れ マイナス24.6

 冬至が過ぎて、極夜が折り返した。これからは日に日に明るい時間帯が延びていく。数日前に月も空に戻ってきた。

以前に研究者の方たちが設定した、シオラパルク村前のフィヨルド内の海氷上9定点の、一巡目の測定が終わった。年内に一巡出来たらいいなあと思ってたので、順調に進んだ。このあとは12月中には、天気のいい日にプラスアルファということにしよう。

今日は9kmほど離れたカギャ岬のポイントに犬ぞりで出かけ、GPSで測定した例年と同じ海氷上地点に目印竿を立て、作業をして、村に戻るまで4時間かかった。暗いので写真を1枚撮るのに2分ほど、どうしても時間がかかってしまう。カメラのバッテリーも冷えてすぐにダメになるので、スペアに取り換えてまた温めてと繰り返す。そんな感じなので、暗い季節は一日1ポイントするのがせいぜいとなってしまう。

寒いけど、犬ぞりを走らせ、作業をして・・楽しいのだ(笑)

2月に研究者の友人が一人、シオラパルクに観測に入る予定なので、首を長くして待っている。

20201222(ブログ用)-2

 

↑このページのトップヘ