2018年12月23日(日) シオラパルク 晴れのち地吹雪 -24.7℃
 昨日22日、こちらでは「ウッドキンナ」と言われている「冬至」が過ぎ、極夜の折り返しを迎えた。冬至は昔の人々にとっては、クリスマスやお正月以上に大切な日だったそうだ。キリスト教が浸透した現代では、クリスマスはこちらでも一大イベント。皆がソワソワしているのが伝わってくる。

皆さま、良い時間をお過ごしください!!
20181223(ブログ用)