山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2007年09月

Xr2odpf2 日本出発を5日後に控え、有佐に散髪をしてもらった。しばらく散髪をしなくてもいいように、スッキリと短くしてもらった。

Kqk8upt7 NEC社より寒さと衝撃に強い、夢のようなパソコン「ShieldPRO」を犬橇遠征「アバンナットプロジェクト」のために貸与して頂いた。犬橇移動中の通信に活躍してくれると期待大だ。セッティングも終わり、イリジウム衛星電話との接続通信テストを、近所の通信障害がない広い場所で行った。OK!

最近ようやく朝、夜と涼しくなってきて、ランニングも気持ちよく出来るようになった。気がかりは、この冬の海氷のこと。

I1qtdfn4 新しいヤッケと毛糸の帽子が完成した。鏡に映してポーズをとってみる。
有佐が言うには、黄緑色の帽子はピーターパンのイメージだとか。俺が行く場所はグリーンランドなんだけど。

Bi8xr07a TOP CHAIN柳瀬製作所から、注文していたナスカンが届いた。犬橇に使う目的で、犬の胴バンドと曳き綱を繋ぐのに使う。かねて犬橇に使えるいいナスカンが無いかと探していたところ、インターネットで検索していたところ目にとまり、発注した次第だ。
この数日間でその他の細々とした装備品類も集まってきた。

Ufubqevh 10月のグリーンランド入りに向けて、歯のメンテナンスに行く。右奥の上の歯に、冷たい空気と水が沁みる箇所があったので、治療してもらった。あとの歯はOK。
そういえば、20歳代初めのほうで、北極に取り組み始めた時、親知らずは抜いて処理してしまった。
(写真は治療イメージ写真)

Shc9j6dx 9月に入り、北極遠征用の装備調達が慌ただしくなってきた。今日は家で、有佐が新しいヤッケを縫い始めてくれた。
俺は氷を砕くための突き棒、エスキモーの伝統道具「トウ」の手入れをしたりした。

8fqw_jk1

↑このページのトップヘ