山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2008年06月

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」⇒ http://www.ktv.co.jp/anchor/ 
「めっちゃ知りたい」のコーナーで北極圏での取り組みを紹介して頂きました。この冬にグリーンランドで撮影したビデオを元に、スタジオで地球温暖化についてトークをする、といった内容。メチャクチャ緊張しました。スタッフの皆様、ありがとうございました。

Fpje94zf

Rieruvkz
40歳を機に人間ドックへ行ってきた・・・。

※写真は検査待ちの風景

Lhlcu_qe インターネットのニュースで面白い北極の話題を見つけた。なんでも白熊がアイスランドで観測されたとのこと。過去に目撃情報は少なく、温暖の影響で余儀なく海を泳いで餌を求めて渡航したのでは、という結びだったけど、どうなんだろ。僕がグリーンランドに昨年2007年10月から2008年5月まで滞在した経験では、過去20年間に冬季滞在した中では、冷え込みがかなり強かったと感じた。右の写真はこの4月20日に人工衛星から観測された北極圏の海氷状況なんだけど
http://iup.physik.uni-bremen.de:8084/amsr/amsre.htmlより。白い部分が海氷)、温暖傾向である今でさえ、場所やその時の気候の状況によってはこれくらい、海氷がグリーンランドからアイスランドに近づくこともある。当然、割れているような氷もあるし、流氷も漂っていると思うけど、そういった海氷を伝いながらとか、氷の上に乗り漂ってとか(途中で泳いだりもするんだろうけど)白熊なら充分に移動するような気が・・。アイスランドに最も近いグリーンランド東海岸の地域には、白熊が多く棲息していると、イヌイットからもよく聞く話だ。すべてが温暖傾向の気候に結びつくのではないのだと思うけれど。

「北極圏をテツが行く」ホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/
をリニューアルしました。「AVANGNAQ(アバンナット)北極圏環境調査プロジェクト」の取り組みについても少しずつ報告していきたいと思います。

Rfpmdjpd

Qq0nacfr
フリッツ
あなたが他界したという 訃報を受けました

来シーズンから あなたの国 カナダが 
犬橇遠征の活動の場 となることで
必ず再会出来ると 確信していたのに

Mt.Logan遠征に参加した時が 
あなたとの出逢いでした

当時・・・ 
70歳を前にしてなお 極地に向かい合う姿に
こんなに強靭で 人間性に素晴らしい人がこの世にいるのか
という驚きと共に それ以来

あなたは 私の心の支えでした
自分も そうでありたいと

そして ここからも 
あなたのスピリッツを 私にください

             from Tetsu

写真:Mt.Logan遠征にて

↑このページのトップヘ