山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

グリーンランド北西部地方に古来から住む、エスキモー民族から伝承を受けた犬ぞりを操り、“アバンナット北極プロジェクト”に取り組む、山崎 哲秀のブログです。 このブログでは、北極遠征中や日本滞在中の活動の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2008年09月

20080917

この4月にグリーンランドから引き揚げる際に、船便で送った装備が届いた。中段ボールにして8箱分。海氷が融ける8月に、シオラパルク村に1年に一回だけ来る貨物船で運んでもらえるように船便で送った装備だ。デンマークのコペンハーゲン経由で遥々と届くのだが、無事届いてよかった。装備に関しては、安いものから高価なものまで、一つ一つに愛着を持っている。古くなっても捨てることができない性格だ。日本では山のように増えていく装備に置き場が無く、怒られてしまうのだけど・・・

中にはイヌイット古来からの防寒着である、毛皮の装備も多くあるのだが、時代の流れもある、今後は化繊の防寒着へと移行しようと考えている。

写真:毛皮のズボンを穿いてみる

20080905_2 

カナダ、ヌナブット州のレゾリュートベイで夏を過ごしている、わがドックチームの犬たち14頭。そのレゾリュートから嬉しい写真が届いた。First Air http://www.firstair.ca/ 勤務のYukakoさんが仕事で当地を訪れ、送ってくれた。Yukakoさんいわく「みんな元気そうです。でも、ちょっとヒマそうでした。」

温暖が気になるけど、早く冬よ来い!

写真:レゾリュートで夏を過ごす犬たち

↑このページのトップヘ