山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2008年10月

200810191_4

1019日(日)

 高槻市北大冠地区体育大会に参加した。いわゆる町内運動会だ。朝9時に北大冠小学校の校庭に行く。ラケットの上に軟式テニスボールを乗せて走る「ラケットレース」、「二人三脚」、「200m走」、「12人、1200mリレー」に参加。高校時代の体育祭以来の運動会だった。

写真:リレーで走る山崎(赤矢印)

200810192

1018日(土)

46次南極地域観測隊で総隊長を務めた松原隊長の「ご定年お祝いの会in京都」が、京都市役所裏の寺町通り沿いにある「饂飩・旬食酒家 えいじ」(=46次隊の調理担当だった岸本さんの店604-0931 京都市中京区寺町通り二条下る榎本町98-9 TEL 075-212-0931)であった。南は九州、四国から、また東北と関東方面からも46次隊員が集まった。全員で21名。観測隊の結束の強さを改めて思った。

幹事を無事終えてホッと一息だ。

写真:宴会の様子

20081012

1012日(日)

昨夜は神戸市三宮青少年会館で開かれた、十数年前から親交のある坪井伸吾さん http://www.ne.jp/asahi/siesta/tsuboi/ の講演を聴きに行ってきた。

坪井さんは世界一周バイク旅行、アマゾン河イカダ下りをはじめ、北米大陸横断ランニング5400キロを実行するなど活躍されていて、著書に「アマゾン漂流日記」(窓社)、「僕流その日暮らし」(窓社)があります。

講演後は、焼き鳥屋であった懇親会に参加させて頂きました。

写真:講演の様子

200810102

1010日(金)

昨日9日、犬橇用装備で犬のハーネスと曳き綱を繋ぐナスカンでお世話になっている、東大阪のTOP CHAIN 柳瀬製作所http://www.yanase-ss.com/kaisha.htm を訪問した。昨シーズンに使用した当社製ナスカンの報告と、11月中旬から今シーズンも北極に出かける報告を兼ねてだった。ペット用、建材用鎖やナスカンなどなど、自社で製造している。これまで使用していた現地調達のナスカンは「折れる」という破損が多く困っていたのだが、昨シーズン使用した柳瀬製作所製のナスカンは、シーズンを通じて折れることなく安定していて助かった。今シーズンも使用する。

写真左 上下:犬のハーネスと曳き綱を繋ぐナスカン

写真右:製作所経営の柳川さん兄弟(左側と中央)と記念撮影

↑このページのトップヘ