山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2009年11月

20091128 20091128日(土) 晴れ(低い地吹雪を伴う)

 気分転換にスキッと散髪。自分でやるから散切りだけど・・・。

久しぶりに空が見える。水平線と雲の間に赤く染まった空が綺麗だった。一日中、風が10m/s弱ほどあり、肌にピリッと刺すような感じ。

 今日の犬紹介は、ようやく生後1年が経った「森(シン)」。昨シーズン5月に帰国する間際は、かろうじて抱きかかえてやることができたのだが、さすがオス犬。あっという間に成犬並みに成長。もう抱き上げてやるには重すぎるなあ。まだ他のオス犬たちに圧倒されているが、性格はかなりやんちゃそうだ。もうひと回り体格も良くなるだろう。

写真上:今日の正午の南の空。手前は犬たちが眠る。

写真下:(左)すっかり体も大きくなり、顔つきが精悍になったシン。(右)半年前のシン。

200911282

200911271

20091127日(金) 雪

 雪&曇り空が続いて、気温が-10℃台と暖かい。今朝は-14.5℃。犬たちを休ませすぎても騒がしいので、走らせに出かけた。太陽が一日中顔を出さない季節で、それでさえ正午前後も薄暗いのに、空に雲が覆った日はさらに暗くなる。周囲の地形の様子が分かりづらく走りにくい。そこそこに切り上げた。

日本滞在中にせっせとビールを飲んで、寒さ対策に?せっかく蓄えたお腹回りの余分な肉も、レゾリュート入り後、みるみるうちに無くなってきた。北極遠征中は「禁酒」だから無くなるのか?あまりにも寒い「氷点下の気温」だから無くなるのか?そのあたり、追求するのはやめることにしよう(笑)。

 

メス犬の「コウ」が、どうやら数日前からヒートが始まった。近いうちに発情期に入るかもしれない。

写真上:レゾリュートの灯りをバックに。

写真下:今日の犬紹介は「ラッシ」。英語の呼び方でいう「ラッシー」。チームの紅一点だったが、昨シーズンに娘(コウ)が生まれた。この秋口に、誤懐妊騒動があったが、今回はどうやら妊娠しなかった模様。次は期待してるよ!食い意地は相変わらず。今シーズンも先頭を走って、オス犬どもを引っ張ってくださいな。

200911272

20091125  20091125日(水) 雪

 昨夜から、天気がやや崩れ気味。一日中、南方向からの少し強めの風が吹き続いている。犬たちの世話以外は外に出ることもなく、資料整理など雑用をして過ごす。

写真:今日の犬紹介は「陸(リク)」。もう3歳になった。体格はチームで一番大きく、だんだん先輩犬たちにも喧嘩を売るようになり、自己主張を始めた。生まれた時から育てたせいか、僕には甘えん坊だ。

20091124 20091124日(火) 曇り

 さて、犬ぞりトレーニングや各観測課題も少しずつスタートしたりと、レゾリュート入り後、だいぶペースがつかめてきたところで、今シーズンも犬たちの近況を順番に紹介していこう。昨シーズンは、あいうえお順に上から紹介していったが、今回は公平に下から順番に・・(笑)。

ということで初回の登場は「ルッキ(ルーク)」。日本でも、知人のゴールデンレトリバー犬にルークという元気一杯の犬がいるが、こちらのルークも元気一杯。嫌なことはすぐ忘れる?クヨクヨしない性格だな。「ルッキ」と呼んでいるのは、エスキモー語に訛っての呼びかた。6歳を少し回ったけど、相変わらずチームではボス格。

写真:今日のルッキ。

20091123

20091123日(月) 晴れ

 AM11時前に犬ぞりを出す。キナリ、リク、シン、カヌッルンニ、ラッシ、コウの6頭立て。今日の目的は特に、湾内での海氷観測だった。昨シーズンより湾内の海氷は凸凹に凍り付いている。湾の真ん中あたりで、アイスドリルで海氷に穴を開けて厚さを測ってみると、まだ60cmだった。そのうち同じ地点で測定することにして、木の棒を目印に立てた。一通り終えて戻ったのはPM12時半頃。こんな感じで少しずつ遠出していこう。

PM3時半頃、犬たちに餌をやりにいく。今日は豪華版で、なんとクジラの肉だ。サイレス&サエコさんが夏の終わりに、イヌイットの人たちが獲ったクジラの肉を冷凍保存してくれていたのだ。俺も食べたいくらい(笑)。獲物の肉はやはり犬たちの食い付きがちがうなあ。明日は犬ぞりを出さずにその他雑用をする予定なので、ドックフードも合わせて「これでもか」というくらい与えてしまった。今日はケンカしないでおとなしく寝てくれよ!

餌を与えてしばらく犬たちの様子を見ていると、PM4時頃、南の方角に灯りらしきものが見え始めた。スノーモービルのライトにしては暗いので、誰かテントでも張っているのか?と、目を凝らして見ていると、薄い雲にぼんやりと黄色い月が戻ってきたのだった。

写真:海氷にアイスドリルで穴をあける作業。

20091122 20091122日(日) 晴れ

 快晴。お昼前には微風のいいコンディション。今季、犬ぞり初走行。ラッシ、ルッキ、ウヤー、カヌッルンニ、アプ、コウの6頭立てで海氷上に乗り入れてみた。日曜日ということで、夏の間に犬たちの面倒を見てくれたサイレス&サエコ夫妻をご招待。グリーンランドエスキモー式の犬ぞりを披露した。まだ新シーズンでまとまりに欠けるけど、徐々に良くなっていくだろう。海氷上で観測課題を一つやったあと戻ってきた。

写真:海氷上にて。

20091121_2

20091121日(土) 晴れ

 天候がこの数日落ち着いている。明日も天気予報では良さそうなので、いよいよ犬ぞりトレーニングを開始しようと思っている。

今日はお昼前に南の空が明るくなるのを見計らい、6頭の犬たちをソリに繋いで、誘導しながら陸地から海氷への下り口までを確認してみた。新たなシーズンでまだ犬たちもまとまりがないようだ。

昨シーズンは陸と海氷との境目が、真っ平に凍りついていたが、今シーズンは氷がブロック状にやや盛り上がっている。

写真:海氷への下り口の確認をしに行く。6頭の犬たちと。

20091120日(金) 晴れ

 今季レゾリュートに入って以来、一番いい天気だった。気温もグッと冷え込んで、夜の気象観測でマイナス27.8℃。日曜日あたりを犬ぞりトレーニングの開始と思っている。橇を犬たちの繋いであるところまで移動させたり、準備を進めている。

写真:正午の南の空。これが一日中太陽が顔を出さない、今の季節の一番明るい時間帯。

20091120_2

「今日の風 明日の風」

目の前に 広がる 海は

すぐ 届くところにあるのに 届かない

この手に 抱え込むには

大きすぎるけど

生きる中に ひとつ いまだに

自分を熱く させてくれるものが そこにある

今すぐにでも 飛び出したいのに

強く吹く風が 許しては くれない

「まだ 早すぎる」

見えない 誰かが 高ぶる 想いを

鎮めてくれていると いうのか

その度に 訪れる 風は

生きることも 同じだ

歳を重ねて 慣れてしまった 今でも

その時々に 吹く風に

感情を コントロールするのは

難しいよ

そして また 今日も 明日の風を

信じ続ける ほかはない

(tetsu:2年前のちょうど今頃、凍らないグリーンランドの海を前に・・・)

20091119日(木) 雪のち曇り

 しばらくインターネットが使えなかったのだが、今日ようやく復旧した。まとめてブログ更新!!

今、12頭の犬たちを、3頭ずつの4班に分けて繋いでいる。組み合わせはこれまでのシーズンの相性から以下の通り。①キナリ、リク、シン ②ルッキ、ウヤー、ラッシ ③シルバー、アミッアミッ、アミッバル ④アプ、カヌッルンニ、コウ。一頭ずつ繋いでいては、犬ぞりを出す時に恐ろしく時間がかかるので、素早く犬ぞりを出すための、北部グリーンランド式の方法なのだが、夏の間は一頭ずつ繋いでいるので、上下関係はまた新たに作られていくことになる。特に若い犬はこれまでのボス犬に闘いを挑んでいくのがパターンだ。僕のチームには2頭のボス格の犬、キナリとルッキがいて、それぞれに若い犬たちが挑んでいる。キナリにはリクが、ルッキにはウヤーが、という感じ。どうして冬も一頭一頭に繋がないのかと言われそうだが、もう一つの理由として、シーズン初めにこの上下関係がハッキリしてくれなくては、あとあとチームがまとまってくれない。また、犬ぞりを出す時、犬同士が顔を合わせる度に喧嘩が勃発する確立が高い。この3ヶ月の準備期間は、ドックチームをまとめ上げるのも一つの大きな意味合いがある。犬ぞり旅行前までには、これを3班にできるまでまとめていきたい。

20091118日(水) 雪のち曇りのち晴れ

 夕方頃から空の雲がきれて、空に星が広がった。気温も冷え込みマイナス24℃近くまで下がった。さすがにこれくらい冷え込むと、肌に空気がピリッとして北極らしさを感じる。

今日は午前中に、夏の間に海岸近くに犬たちを繋いでいた時の、チェーンを回収してきた。サイレス&サエコ夫婦も手伝ってくれた。夏の間は一頭一頭個別に繋ぐので、十数頭を繋ぐとそのチェーンの長さも50m以上の長さになり、重量も凄いもんである。小ゾリに載せて、せっせっと運搬した。

 午後からは装備関係のチェックや、犬の銅バンドや曳き綱に使う細引き紐などをこしらえる作業。のんびりとやっている。

20091117 20091117日(火) 曇りのち雪

 長々と続いたブリザードがようやくおさまった。

 犬たちは全頭、悪天候の時も世話がしやすいように、宿舎の近くに連れてきた。元気一杯である。少しずつ、犬ぞりトレーニングを始められるように態勢を作っている。今週末あたりを目標に準備中!

写真:宿舎近くに繋いだ犬たち。

20091115日(日) 

 レゾリュートに到着後、翌日から吹雪&地吹雪が続いた。その影響なのか、インターネットも全く使えず、今日になってやっと復旧した。

犬サポーターの皆さんに報告しないといけないことがあります。事後報告になってしまいました。10月末から11月初めにかけて「ウキダガヤ」と「クガッ」の2頭が亡くなってしまいました。チームの長老で2頭とも7歳半でした。「ウキダガヤ」は2年ほど前から目が見えなくなってきていて、昨シーズンは一緒に犬ぞり旅行こそしましたが、他の犬たちのペースにはついてこれず、今シーズンはチームには加わらず引退を予定していて、こちらで里親を探すか、見つからなければ日本に連れて帰ることを、カミサンの有佐と話し合っていました。最後は日に日に痩せて、冬の訪れと共に体力の限界だったのだと思います。いっぽう「クガッ」は10月末に食欲が無くなり、介抱したにも関わらずその後、息を引きとったとのことでした。もともと大丈夫かと思うほど体が細く、他の犬たちよりも多く餌を与えても、全然太ることができない犬でした。北極でソリ曳き犬として生きるイヌイット犬は、やはり過酷な自然の中ゆえなのか、寿命が全体的に短い気がします。それもチームを見回して、弱い犬(喧嘩も体力も)が必ず先発ってしまいます。犬ぞりをやっている中でつらいのは、いつもこの「別れ」です。もう何度も経験してきました・・・。

写真:元気な頃のウキダガヤ(右)、クガッ(左)

20091115_2

20091112_2 20091112日(火) レゾリュート 吹雪

 現地時間の1110日朝にバンクーバーに到着後、夕方の便でそのままオタワに移動。オタワには同日のPM11:55頃到着(オタワ時間)。深夜だったのでそのまま空港内で、寝袋に潜り込んで夜を明かした。

11日はオタワからFirst Air社 → http://www.firstair.ca/ の便でレゾリュートへ。First Air勤務のユカコさんが航空券の手配など取り計らってくれ、スムーズにレゾリュートに入ることができた。去年より10日ほど早いレゾリュート入り。ユカコさん、ありがとうございました!

11日は夜の到着だったので、今日から少しずつ態勢作り始めた。こちらでの生活の様子は徐々に書くとして、まずはやっぱり犬たちとの再会。犬を預かってくれていたサイレス&サエコ夫妻に案内されて、繋がれている場所へと連れて行ってもらった。犬たちの報告も徐々に書いていくとして、サイレス&サエコさん、ここまで面倒をみてくれてありがとう!

 あいにくの吹雪が今朝から続いている。気温はマイナス15℃前後と暖かい。体を北極の寒さに慣らしていくのには、丁度いいくらいかも。とにかくまた今シーズンも北極という舞台に戻ってくることができた。応援をしてくれている皆さんに感謝を込めて・・・。

写真上:犬たちと薄暗い吹雪の中での再会。

写真下:犬たちを預かってくれたサイレス&サエコ夫妻と。

200911122_2

20091110 20091110日(火) 東京 曇り、 バンクーバー 雨

9日夜に大阪から東京へ移動。10日夕方の成田発の便で、日本を出発した。お世話になっている皆さんに、充分な挨拶が出来ませんでした。申しわけありません。今シーズンも「無事戻ること」を前提に、取り組んできます。

現地時間の10日、AM9時過ぎにカナダ、バンクーバー着。入国後、落ち着いてから昼食。このあと夕方の便で、東海岸側のオタワに移動だ。

写真:バンクーバー空港にて昼食。

 116日、午前中から午後にかけて福井県高浜町の「Blue Leaf http://blueleaf01.blog91.fc2.com/ 」の日高さん、田中さんと京都市内で会談。そのあと原稿を一つ仕上げたあと、夜は同じく京都で、世界一周サイクリストの永谷さん、FM845パーソナリティーの葛山さんと夕食をしながらアウトドア談議。

 117日、 起きてから北極遠征のパッキング。午後には「SORD → www.SORD.jp 」の中岡さん、小泉さんとお会いした。

その日の夜は僕が若い時、アマゾン河イカダ下りに挑戦した際に南米ペルーでお世話になった塩水流さん夫妻、そして有佐と僕の4人で、大阪のペルー料理店で夕食をしながら楽しい時間を過ごした。

 118日、起床後、昨日に続いて荷物のパッキング。手荷物分の荷物を10日のフライトに間に合うように、宅配便で成田空港へ発送。その他もろもろ出発準備をしているうちに一日が終わる。夜は近所の韓国料理店で、有佐と夕食をして力をつける。

日本発まであと2日。

 112日から東京出張だった。2日の夕方は取材が一件。3日は六本木ミッドタワービル7Fにあるスルガ銀行にて講演。4日はつくば市の国立環境研究所で少し話をさせて頂いたのと、北極での観測課題の打ち合わせ。その足で立川市の国立極地研究所へ移動し、ここでもまた観測課題の打ち合わせ。5日の今日はお昼頃、一件取材を受けたあと帰阪。

そして夜は地元高槻の宇宙人友の会(マラソン同好会)の皆さんが激励会を開いてくださった。

日本発まであと5日。

200911011  1031日&111日の2日間、「モンベルフレンドフェア2009大阪」のイベントへ参加させて頂いた。会場に終日いたのだが、モンベルファンの多さには改めて驚かされた。初日の昨日は、午後にトークショー。知人もこの二日間で、何人か駆けつけてくれました。

写真上:フレンドフェアにて。写真下:うちのワンコ達と。首を絞めているわけではありません(笑)。

200911012

↑このページのトップヘ