山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2010年11月

20101129日(月) 地吹雪 -17.6

仔犬たちは何処へ行ってしまったのか?今日も町では手掛かりなし。ダメだったらダメで諦める。でもある程度、状況を把握して、気持ちの整理をつけてからでないと、次には進めないみたいだ。数日時間がいる。幸い明日も天気は吹雪く予報だ。最後に近辺地域に範囲を広げて探してみることに。RCMP(カナダ警察)にも迷子の届け出をした。

20101129_5

20101128日(日) 晴れ(高い地吹雪を伴う) -18.6

ショッキングな事件が起こった。AM7時頃、朝の犬たちの見回りに行くと、3匹の仔犬たちが犬小屋からいなくなっていた。昨夜9時過ぎの見回りでは、元気に飛びついてきて小屋にはまだいた。生後2ヶ月で母犬から離れて、少し距離のある町中へ歩いて行くのは、ここの環境を思うとちょっと考えにくい。ましてや昨日、外で飼い始めたばかりだ。すぐに母犬から離れ歩くのは、これまでの経験ではない。白熊や他の動物のことも考えてみたが、犬たちを繋いでいる場所、周囲の状況を見る限りではあり得ない。町にも呼びかけてもらったが、ウロウロしてるいような有力情報はなし。家屋の下も見て回ったが、どこかに潜り込んでいるのだろうか?小さな町だ。今しばらく町の中を探し回ってみたい。

色々と憶測をしてしまっては良くないが、あれこれ考えてしまう。こちらではブランドのグリーンランド犬。しょっちゅう近辺地域の人たちからも、犬が欲しいと頼まれることがある。よくカバンに仔犬を入れて持ち運んだりすることもあると聞く。今朝、かなり早朝のフライトが一便あった。レゾリュートにはもしかしたら、もういないかもしれない。間違った憶測でありますように。

一難去ってまた一難。なかなか気を落ち着かせてはくれない。叫びたくなる・・。どこに気持ちをぶつければいいのだろう・・。

20101127日(土) 雪のち晴れ -22.1℃

20101127早朝は雪が少しちらついていたが、間もなく快晴!やっぱり天気がよければ気分もいいね。AM10時半頃、犬ぞりを出す。4頭の犬たち(シルバー、アミッ兄弟、ゴードン)のトレーニングも兼ねて、海氷観測のデータ収集をしてきた。今日はレゾリュート湾の外に出てみた。海氷もいい感じで凍り付いてきたようだ。PM12時半頃、町に戻る。

昼食!といきたいところだったが、天気のいい日にやっておかなければいけない作業が一つ。仔犬たちを外で飼い始めるために、サイレス&サエコ夫妻宅から移動させる仕事があった。生後2ヶ月を過ぎて、随分と足取りもしっかりしてきたから、ちょうどいい頃だろう。少し前から、外の気温に少しずつ慣らしてもらっていた。3ヶ月目からはこの仔犬たちもレッスンが始まる。サイレス&サエコ夫妻には、仔犬たちが生まれてからここまで、母犬のコウと一緒に、いい環境にいさせてもらって、ひたすら感謝です。ありがとう。

移動後、犬たちに餌をやり、一息ついたのがPM5時頃だった。

写真:サイレスが夏に廃材で作った犬小屋を、マイ台車(ミニ運搬ゾリ)で犬たちを繋いでいる場所まで運ぶ。コウ&3匹の仔犬たちは小屋で生活。

20101126日(金)ブリザード、吹雪 -7.8

201011261_3

 日本から秋景色の写真が届いた。2004-2006年の南極観測隊に参加以来、その後は毎シーズン北極通いと、もう7年も日本の秋景色を見ていない。有佐と、うちの駄犬君たち「ピエール&タロ」も元気そう。「お~い、お前たちもこっちに来ない?!」

今日もこちらは一日ブリザード・・・。明日は晴れるぞ~!

 今日のワンコ紹介は「ルッキ」。チームのボス犬だ。そろそろ7歳になるが、まだまだ元気さは健在のようだ。他の犬たちに触れてやると横入りしてきて、相変わらずヤキモチやき。

写真上:日本の深秋を背景に、有佐と愛犬のピエール&タロ。

写真下:ルッキ(ルーク)。

201011262_3

20101125日(水)吹雪のち晴れのち吹雪 -11.2

20101125朝の気象観測では気温がマイナス4.3℃とやたら暖かかった。

昨日は上空の雲が切れて、空が覗いたものの、強い地吹雪は続いて、結局犬ぞりを出すことが出来なかった。

気を取り直して今日、天気予報では天気が落ち着きそうだったので、朝起きてからいつでも出れるようにスタンバイ。AM10時半頃、吹雪が弱まり視程が利いたところで、すかさず犬ぞりを出す。天気が悪い時に無理する必要はないが、犬たちはなるべく間隔を空けずに、毎日走らせてやるのが理想だ。ルッキ、カヌッルンニ、ウヤー、ボタンの4頭。今日から2順目の走行レッスンになる。2順目が終わったら、ステップアップしていこう。海氷観測をする余裕が今日はなかったが、また天気も良くなる日が多くなってくるだろう。焦らない焦らない・・。

レッスン後、久しぶりに風が弱い中、落ち着いて犬たちに餌をやる。今日はドックフードにラードを加えてやる。この一週間のブリザード下、かなりエネルギーを消費したはずだ。

今夜からまたブリザードの気配。

写真上:お昼頃、南の空が綺麗だった。

写真下:町の中は一週間分の雪が吹き溜まり、除雪作業がフル回転。

201011251

20101123日(火)吹雪のちブリザード -15.8

201011231朝はブリザードが小康状態になったので、AM9時頃犬たちに餌をやりにいく。「そのうち風は止むからなあ。もう少し頑張ってくれよ~!」

そして、午後を過ぎてからまた大荒れの天気に逆戻り。

「テツさん、なんとかしてくれよ。聞いてないよ~。」と犬たちが訴えてます・・。

 今日のわんこは「シン」。メス犬のコウとは兄妹。2歳を過ぎたところだ。昨シーズンは元気すぎて騒がしかったシンも、後輩がチームに加わってからは、やや落ち着いた感じ。昨シーズンは何回シンの胴バンドを修理したことか。今シーズンは噛み切らないでくださいよ。ただいまワイヤー入り養成胴バンドでしつけ中。

写真上:今日の正午頃の南の空。久々に見た色彩。

写真下:「シン」。

201011232

20101122日(月)ブリザード -13.0

 ブリザード4日目。いつ止むんだろう?事務仕事と屋内作業がはかどってしまう(笑)。ここでは週間天気予報はあるものの、せいぜい2日間くらいまでが信用できる。このブリザード予報も、2日後は回復、と毎日予報されてきたが、一日一日と延びてきた。18日以来、定期便の飛行機もずっとキャンセルされているそうだ。天気の目が変わったみたいで、夜はマイナス8.6℃まで気温が上昇。それにしても、そろそろ野外で活動したい気分だ。

 今日のわんこ紹介は「アミッアミッ」。昨日紹介のアミッバルとは兄弟で4歳と数ヶ月。この兄弟犬は1歳を過ぎたところで、グリーンランド、シオラパルク村の猟師から譲り受けたが、最初はウキヨ&キャヨット兄弟みたいに懐かなかったが、今ではだいぶ懐いてくれるようになった。「アミッアミッ」はケンカを好まない、気の優しい犬だ。

写真:「アミッアミッ」

20101122

20101121日(日)ブリザード -14.3

201011211うっ、首が回らん・・。「借金に首が回らん」とはよく言うが、そっちではない。これはほんとに曲がらないのだ。筋をちがえたみたいだ。防寒着を着込んで、ブリザードの強風の中、かなり踏ん張って犬たちのほうに進んでいるうちに・・。体に余分な力、入れ過ぎやな・・。ブリザードめ!!

 今日の犬紹介は「アミッバル」。昨シーズンはあちこちと円形脱毛症のように毛が抜けていて、毛並みもヘニャッとしていて心配していたのだが、この冬は見事に復活。見違えるように小奇麗になって、毛並みもツヤツヤだ。処方箋が効いたのか、ともかくよかった。体も大きく馬力もある。貴重な戦力だ。

写真上:うっ、首筋が・・。

写真下:小奇麗になった「アミッバル」。

201011212_4

20101120日(土)ブリザード -27.9

201011201本格的なブリザードが続いている。視程はゼロ。よく吹くなあ・・という感じ。午前中と夜の気象観測時に犬たちの様子を見に行き、無事を確認。吹きさらしの中で恐れ入る。人間だったらとても身が持たないだろうな。

仔犬たちは、滞在している宿舎内では飼う環境じゃないので、まだサイレス&サエコ夫妻宅でお世話になっている。そろそろ生後2ヶ月が経つ。外で育てる準備に入っているが、この天候では出すに出せない状態だ。3匹の仔犬たちは元気です。

 今日のワンコ紹介は「シルバー」。昨シーズンの犬ぞり旅行中は、歳をとってきたせいか、後半になってからソリを曳く元気がなかった。とりあえず他の犬たちと一緒に今シーズンもトレーニングを始めたが、長期の犬ぞり旅行に耐えることができるか少し心配。この3ヶ月ほどトレーニングでの様子を見て、現役続行か引退か決めてやりたい。すごく聞き分けもよく、頭のいい犬です。

写真上:3匹の仔犬たち。左が「アノウィ」。アノウィに手で顔を押しやられているのが「ムク」。2匹の仔犬の後ろで、控えめなのが「アユ」。

写真下:今シーズンの「シルバー」。

201011202

20101119日(金) 吹雪のちブリザード -23.4

 お昼前に、風がいったん弱まったのを見計らって、犬たちに餌をやりに行く。何日も吹き荒れるブリザードも、一時的に風が弱まることがあるのが、たいていのパターンだ。こういうタイミングに犬たちの世話や、必要な外作業を手っ取り早く済ませてしまう。今夜も悪天候が続きそう。

 今日のわんこ紹介は「ボタン」。きのう紹介のゴードンとは兄弟だ。生後まもなく10ヶ月。こちらも劣らず、体つきが立派になった。ゴードンもそうだが、ボタンもとにかく人懐っこく、元気一杯。期待してますよ!

写真:「ボタン」。

20101119

20101118日(木) 雪のちブリザード -34.0

201011181この冬初のブリザード。17日の夕方あたりに警報が出て「おっ、いよいよ来るか」と期待半分。朝から午後にかけて次第に風が強くなっていった。これを経験しないと北極の冬は実感できない(笑)。今日は犬たちの見回り以外は屋内作業。

ワンコ紹介は「ゴードン」。愛称でゴディと呼んでいるが、2月に生まれてから、すっかり体格も他の成犬たちと見劣りしないくらい大きくなった。気も強そうな性格みたいだ。昨日の初めてのソリ曳きでは、すごくいい走りだったので成長が楽しみ。

写真上:雪煙にかすむ、ソリと犬たち。写真下:アザラシの脂をむさぼる「ゴードン」。

201011182

20101117日(水) 晴れのち曇り -35.3

201011171昨日から冷え込んでいる。平年の平均気温よりも 89℃ほど低いようだ。やっぱり30℃を下回ると寒くて仕方ないけれど、歓迎しなければ。海氷よ、どんどん発達してくれ。

キャヨットを捕まえることができたので、気兼ねなく犬ぞりレッスンを遂行。今日はシルバー、アミッバル、アミッアミッに加えて犬ぞりデビューの「ゴードン」。初走行のウキヨ、ボタンの3頭のデビュー組の中では、一番それらしくソリを曳いた。みんないいソリ曳き犬になりそうだ。

加えて今日から、海氷観測データ収集にも取り掛かることができた。まずはレゾリュート湾内にて測定。海氷の厚さは約50cm。少しずつ沖合いに距離を延ばしていきたい。

 今日のわんこ紹介はゴードン、といきたいところだが、昨日のキャヨットに続いて兄弟犬の「ウキヨ」。同じくもともとは人間に触れられるのをすごく嫌がったが、ウキヨは次第に懐くようになった。今では普通に近づいてくれる。でもやっぱり怖がりで、おとなしい性格だと思う。他の犬たちの中にも、いい感じでとけ込んでいる。兄弟そろって少し痩せぽち。

写真上:おなじみの、海氷の厚さを測定する風景。

写真下:「ウキヨ」。

201011172_2 

20101116日(火) 雪 -30.1℃

20101116_2今朝6時半頃、朝の気象観測を兼ねて犬たちの様子を見に行くと、昨夜に仕掛けておいた魚獲り用の網にキャヨットが絡まり、他の4頭の犬たちも一緒にこんがらがっていたところをお縄頂戴!網から5頭の犬たちをほどいてやるのに一時間半ほどかかり、えらい苦労したが、なんにしても捕まえた。とりあえずはひと安心といったところだが、次に逃がしてしまったら、さらに捕まえるのは難しくなるだろうから、気をつけないといけない。奥の奥の手として、グリーンランドエスキモー式のやりかたで、奥歯上の歯の尖りを落としてやり、噛み合わせを無くしてやる処置をとった。曳き綱や胴バンドを噛み切って逃げないようにするためだ。町の中を徘徊して射殺されるよりはずっといい。

 ということで今日のワンコ紹介は「キャヨット」。「ウキヨ」とは兄弟で、まもなく12月に1歳になるのだが、昨シーズン2月に700kmほど離れた隣町、アークティックベイから生後2ヶ月の時に譲り受けた。元の飼い主はエスキモーなのだが、多分全く人間に触れられることもなく、ほったらかしにされて2ヶ月間を育ったのだと思う。僕のところに来たときには、とにかく人間に触れられるのを嫌がった。いくらかマシになったとはいえ、今も人間にはもうひとつ心を開いてくれないようだ。このあとは、また根気よく触れてやりたい。

写真:お縄頂戴後の「キャヨット」。4、5本のロープで確保した。

 

20101115日(月) 雪のち晴れ -25.1

 今日は例の野良犬中の、キャヨットの捕物帳。餌でおびき寄せたり、魚獲り用のネットを仕掛けたり・・。ドックチームに加えることは、ほとんど諦めているのだが、餌をあさり始めていて、今のままでは町にも迷惑がかかってしまう・・。1ヶ月以上もこんな状態。デビーさんやサエコさんも駆けつけてくれたが、結局捕獲できず、逃してしまった。

せっかく天気も回復したのに、貴重な犬ぞりレッスン日和も一日、逃してしまった。

数日前の仔犬の件といい、気持ちが沈む日もたまにはある。

20101114日(日) 雪 -22.2

 レゾリュートの気温は、まだ暖かいほうだ。今日も午前中から午後にかけて犬ぞりを出す。ルッキ、カヌッルンニ、ウヤーの3頭に加えて、今シーズンデビューの「ボタン」をレッスン。最初にしては上出来。繰り返すうちにどんどん覚えていくだろう。

 今日のワンコ紹介は産休中の「コウ」。2歳になったが、今回で2度目のお産だった。前回は乳腺炎になったりしたが、今回は今のところ健康に過ごしている。あと1ヶ月ほどは産休の予定。リーダー犬として期待している。

写真:体を伸ばす「コウ」。

20111114

20101113日(土) 雪時々曇り -17.0

20101113_2レゾリュート入りして9日目、なんとか犬ぞり初滑りに漕ぎつけた。まだこればかりに集中するには、他にもやることがたくさんあるのだが、まずは良しとしよう。犬たちは3班に分けて繋いでいて、今日はリク、アプ、シン、そして間もなく1歳になるウキヨの4頭を走らせてみた。リーダー犬のキナリは療養中だ。当面は、今シーズンデビューするウキヨ、ゴードン、ボタンの集中レッスンになる。もう1頭のキャヨットは、殆ど野良犬状態で、頭が痛いところだ。捕まえようとすればするほど逃げまとう。町のルールでこういったケース、射殺してもいいことになっているから、徘徊していて撃たれないか心配している。その前に捕まえることができればいいのだけれど。

 一つ残念な出来事が・・。12日深夜に仔犬のチカが亡くなってしまった。おそらくウイルス系の病気に感染してしまったのだと思うが、僕が到着する少し前くらいから、嘔吐と下痢が始まり、次第に母犬の母乳を飲んでもすぐに吐くようになり、どんどん体力が落ちていってしまった。ここでは獣医さんもおらず、手は尽くしたがどうすることも出来ない。昨シーズンも一匹の仔犬を亡くしてしまったが、こういった自然界での生存の厳しさを痛感せずにいられない。日本にいるのとは、やはり違う世界だ。

生後50日、乳離れが始まった3匹の仔犬たちに、1回目の予防接種をしてやる。

写真:今シーズンの初走行にて。

20101112日(金) 曇りのち雪 -17.0

20101112_3 今日は殆ど犬たちの銅バンド(ハーネス)の修理に時間を費やした感じだ。昨シーズンのものを幾つも修理した。1シーズンが終わるとあちこちとほつれたり、噛み切ったりしている箇所ができ、けっこうボロボロなる。なるべく古くなってもリサイクル。

今回、新たに作ったのがワイヤー入りの養成ハーネス。体を鍛える養成ギブスではないのだが、シン(あと数ヶ月で2歳)は胴バンドを噛み切る癖が強く、今シーズンは徹底してしつけてやるつもり。昨シーズンはシンの胴バンドを何度修理したことか・・。袋状になった胴バンド用の帯の内側に、ワイヤーを二重に入れて、特製のものを作ってやった。これでどうだ、シン君??(ふふふ・・)。

その他の作業は、気象観測用の温度計を野外に設置したのと、近々開始する予定の犬ぞりトレーニングに備えて、海氷までのルート確認、町の警察へライフル所持の申請、ライフルの手入れなどなど。

 

写真:ワイヤー入りの養成ハーネスを製作。

20101111日(木) 曇りのち晴れ -15.6

201011111夏期中は、沿岸近くに繋ぎとめていた犬たちを、昨日と今日にかけて、宿舎近くに連れてきた。サイレス&サエコ夫妻も手伝ってくれたが、連れてくるだけで汗だくだ。とにかく引っ張る力が強くて、せいぜい一人一回に連れてくるのは、2頭くらいにしておかないと押さえ切れない。サエコさんが2頭の犬を連れて行くと、雪の上を引きずられていたが、笑うわけにはいかなかった(笑)。

取り合えず4頭ずつ3班に分けて繋ぐ。療養中のキナリは1頭で犬たちの近くに繋いでやる。キャヨットは相変わらず逃げまとっていて、捕まえることができず。もう1ヶ月ほどこの状態のようだ。ソリ曳き犬にはなれないかもしれない。産休のコウと子犬たちは2ヶ月が過ぎるまで同じ環境で、サイレス&サエコ夫妻宅にもう2週間ほどおいてもらう予定。仔犬のチカの調子があまり良くない。

写真上:宿舎近くに犬たちを連れてきた。写真下:午後の南の空。

201011112

2010119日(火) 雪 -12.8

201011091雲り空で雪がチラチラ。午前中はソリの修理を済ませた。午後は宿泊している近くに犬たちを連れて来るべく(世話がしやすいように)、繋留場所を設置したりなど作業をしてると、あっという間に時間が過ぎた。

 今日の犬紹介は「キナリ」。我がチームの貴重なリーダー犬。そのキナリが10月のとある日、行方不明になった事件があり、発見された時は、体中に深い傷を負って、瀕死の状態。ようやく回復してきたところだ。再会してホッとした。町に現れた白熊を追って、一戦交えたのは疑いがないようで、700kmほど離れた隣り町のグリスフィヨルドまで、武勇伝?として噂が広まっている。キナリはグリーンランドで白熊狩りの経験がある。その方法は、犬ぞりで白熊を追い詰めたら、ソリに繋いだ何頭かの犬たちを切り離し、白熊に襲い掛からせる。白熊が立ち上がったところを「ズドーン!」とエスキモーが仕留める。本能的に追っかけて、襲いかかったんだと思う。でもさあキナリ、おまえ一人じゃちょっと無理があるだろ?大きさ全然違うんだから。頼むよホント・・。

写真上:ソリの横板を取り付ける。写真下:ただ今、療養中。回復の「キナリ」。

201011092

2010118日(月) 晴れのち軽い地吹雪 -21.0

201011081_3レゾリュート入りして一番いい天気。太陽はもう姿を見せず。そして夕方頃からまた低い地吹雪に。今日も風が肌に沁みるゼい・・。

昨シーズン、凸凹の氷の上を犬ぞり走行しているうちに、ソリを少し壊してしまった。荷台部の横板で、一番前の板。ガツガツと氷にぶつかるので割れやすいのだ。いい材料が無かったので、今シーズン手荷物で木材を持ってきた。丈夫な樫材。割れた板をソリから取り外したあと、新たに取り付ける材木に手を加えたところまでやって、今日は終了。明日、取り付けることにしよう。

 今日の仔犬紹介は、噂の「アユ」。生まれた当初、レゾリュートのサエコさんから、歌手の浜崎あゆみに似ている、とのことで、即決で名付けた。仔犬たちはもう、キャンキャンと声を出しているけど、アユも可愛らしく歌って?います。

写真上:壊れたソリの前部と、新たに取り付ける板に手を加える。写真下:仔犬の「アユ」。

201011082

2010117日(日) 地吹雪 -18.9

201011071_2なんだか、おかしいな?おかしいな?と思ってたら、今日からサマータイムが終わって、時計が1時間戻ったんだってさ。日本よりも時差は15時間遅れになった。な~んか腑に落ちないような、意味ないような・・。レゾリュートは極夜へと、更けてゆく。

 犬の紹介。今日は仔犬の「ムク」。4匹の中では一番体が大きいが、まだ一番、甘えん坊らしく、他の仔犬たちに比べて、乳離れしてないんだって(笑)。

写真上:正午頃のレゾリュートの町。太陽はどうやら視界から姿を消したみたいだ。写真下:「ムク」とサエコさん。

201011072

2010116日(土) 吹雪一時曇り -12.4

2010110619月下旬に生まれた4匹の仔犬たち。「アユ(=メス)」「ムク(=オス)」と2匹の名前はすでに付いていたが、もう2匹の仔犬たちの名前も決まったので、取り急ぎ紹介。

メスのほうにはサイレス&サエコ夫妻がすでに名前を付けていてくれた。「チカ」。意味はスペイン語で「少女」を意味するとのことで、可愛らしく育つようにとのことだ。4匹のなかでは体が一番小さい。残るオスは、風が吹くレゾリュートに3日前に下り立った時に、もしオス犬にまだ名前が付いていなければ「アノウィ」にしようと思い浮かんだ。意味はエスキモー語で「風」の意味。もう4匹ともちょこまかと歩き回っている。

また今シーズンも順番に、犬たちの紹介をしていきます。

写真上:「アノウィ」とサイレス。写真下:「チカ」と山崎。

201011062

201011051_22010115日(金) 地吹雪 -18.7

 4日早朝にトロント発。オタワ経由でレゾリュートへ。カナダ北極圏、ヌナブット州の州都である、イカルイットで乗り継ぎ。天候が良くなく、定刻よりも2時間ほど遅れてのフライト。4日夜8時頃レゾリュート着。日本との時差は、こちらが14時間遅れ。宿泊は昨シーズンと同じく、Aziz氏のSouth Camp Inn

 昨日から地吹雪が続いている。北極に戻ってきたと実感するには充分だ。

午前中は、コンテナに預かってもらっていた装備類を搬出する。作業用のウェアなど、とりあえず必要なものを箱から出した。当面は犬ぞりトレーニングができるように体勢つくりだ。体も寒さに慣れさせないといけない。

 昼食後、町から少し離れた所に繋いである、犬たちに再会しに行くことに。白熊が徘徊しているようなので、念のためライフルも準備して背負っていく。地吹雪の中、犬たちの姿が見えたところで大きく掛け声「アギャッーチ!(おいで)」「アッハ!アッハ!アッハ!(喉の奥から鳴らすような感じで出す掛け声)」。これもまた、それだけで充分だ。犬たちが大騒ぎを始めた。

夕方はサイレス&サエコ夫妻に会いに。その話はまた明日。さて今シーズンが始まる。しばらくはブログネタには困らなさそうだ。

写真上:地吹雪の中、犬たちとの再会。写真下:そろそろ最後の太陽かもしれない。

201011052

20101104

 夏期中の、日本での準備期間が終わり、いよいよ3日夕方に日本を発った。1日は午後に東京入り。夕方に極地研究所へ。2日は午後に一件と夕方に一件打ち合わせがあった。まだまだ東京で回りたいところがあったが、時間が足りず・・・。

 いま、閑散としたトロントの空港で一夜を過ごしている。現地時間4日の深夜1時頃。明日の早朝の乗り継ぎ便に合わせて、空港に泊り込んでしまった。3日夕方に到着して、眠たくて仕方がなく空港で眠り込んでしまった。寝袋から抜け出してパソコンを開いてみた、といったところ。

充分な挨拶が皆さんに出来ないまま、日本発となってしまいました。無礼をお許しください。今シーズンも安全第一で活動してきます。

写真:閑散とした深夜のトロント空港。

1029日(金)夕方に東京。北極活動の支援を頂いている「トランスインドジャパン」社 ⇒ http://www.transindo.co.jp/gateway.htm にて、北極の話を少しさせて頂き、そのあとに帰阪。

1030日(土)積水ハウス(株)納得工房にて、話をさせて頂きました。 ⇒http://www.sekisuihouse.com/nattoku/koubou/seminar_event/public/index.html

その日の夜は南極観測隊仲間、関西在住の池ちゃんが、この第52次日本南極地域観測隊 ⇒ http://polaris.nipr.ac.jp/ に越冬隊員として参加するので、京都にてささやかな壮行会。

1031日(日)午前中に北極遠征に持参する、航空機内預けの荷物をパッキング。宅配便で成田空港へ発送。

そのあと、大阪で開催の「モンベルフレンドフェア」 ⇒ http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=125 へ。

 夕方に北極遠征の保険をお願いしている会社に伺ったあと、「みや動物病院」⇒ http://www.ashiya-miya.animal-clinic.jp/24.html へ、犬たちに必要かもしれない薬品を処方してもらいに。

 1112日は東京で今しばらく動き回ります。

↑このページのトップヘ