山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2011年06月

20110629 「時間」って、やっぱり「金なり」だと思う。若い時とは違って、すべてが自分だけの時間でなくなってきている今は、一日が48時間あればいいなあ・・と思うこともしばしば。もっともっと時間が欲しい。43歳のオジサンでも、まだまだ走り続けていたい!ンですゼ(笑)。時間とも、うまくバランスをとりながら・・・。

写真:北極で使っている、愛用の腕時計。

201106281 立ち寄った道の駅で、「おじぎ草」を見つけて手にした。子供の頃から、触れると縮こまる「おじぎ草」の反応が好きで、若い頃に東京の安アパートに住んでいた時も、たまに見つけては部屋に持ち込んで眺めて触れていた。やっぱり印象的な植物やね(笑)。バタバタしてて、和む時間がなかなかないけれど、なんかフッと気持ちが落ち着いた。

写真上:手に入れた「おじぎ草」。写真下:触れたら縮こまる「おじぎ草」。

201106282

20110627 去年の夏頃から、左足の人差し指の上側に「魚の目?」が出来ていて、手で触るとチクッ痛むような違和感が続いていた。でも魚の目って、足の裏にできるんだったよなあ・・?と思いつつ、そのままにしておいた。昨日、患部をいじくっていると、なにやら髪の毛のような黒い細いものが顔を出した。毛だと思って引き抜いてみると、1.5cmくらいの長さで抜けた。なんか変やなあ?と、よくよく確認してみると、なんと細い針金。「ええっ??」どうやらずっと刺さってたみたいだ。う~ん、気付かんかった。そのあとは嘘のように、チクチクしてた痛みがなくなった・・。

写真:抜け出た針金。いつ刺さったんだろ?心当たりなし。

201106261 625日の「コープかながわ」主催、『コープみんなでエコ』環境学習会。の講演が無事に終了しました。演題は「犬ぞりテツがみた地球温暖化~北極の生活環境と自然環境~」でした。

蒸し暑い中、多くの皆さんが足を運んでくれました。講演終了後のお茶を飲みながらの交流会にもたくさんの方が残ってくれ、質問に返答したりなど楽しい時間でした。コープ関係者の皆様、会場に話を聞きに来てくださった皆様、ありがとうございました!有佐ともども、お世話になりました。

写真上:講演の様子と交流会後の集合写真。写真下:南極観測隊仲間のハリさんも来てくれました。

201106262

 素朴な疑問だ。今回の東北地方太平洋沖地震の予測はされなかった。

そして今シーズンの北極海の海氷は、6月中旬の今の季節でも、温暖と言われるここ何年の間では、溶けずにかなり海氷が残っているような気がする。

アラスカのポイントホープに滞在するMikiaq(ミキアック)から、今年は海氷が覆っていて海が開かず、例年のようにクジラが獲れなかった、と風の便りが届いた。

地震予知のみならず、北極海の海氷は数年のうちには溶け去ってしまうだろう、と何年か前には予測されていたが、そうにはならない。どこまで人間の目線で、自然界の法則を予測することができるのだろう?

20110615

 いただきものの「メロン」。一晩寝かせたら食べごろかな・・と、今朝起きてから台所に行ってみると、ない!なにやら外で「コリコリ」と聞きなれない音が・・。

「ホープ~ぅ!」「現行犯逮捕じゃ~ぁ!」そのあとのことは言えません(笑)。

それにしても、ホープもうちに来た直後はガリガリに痩せてたけど、取り残されたペットたちは、3月の大地震後から保護されまでの間、何を食べてたんだろ?旬の野菜、大根?キャベツ?ふとそんなことを思った。

写真:かじられた「メロン」。

 今日は有佐の??回目の誕生日。お祝いが嬉しい歳でもないんだろうけど(笑)、ささやかに、有佐の好物である「茶碗蒸し」を一杯作ってあげた。が、上には上がいるようで、職場の同僚がボール一杯の「プリン」をプレゼントに作ってくれたそうで、大事そうに手に抱えて持ち帰ってきた。負けた・・。

なんでも本当は「バケツ一杯のプリン」が食べたい、とリクエストしたらしいが、さすがに無理だったようで・・。

写真:ボールのプリンを食べる有佐。そんなに嬉しいんかい?(笑)

20110614

20110611 在住の高槻市、自宅近くの京都大学附属農場で行われた「田植え会」に参加させてもらった。有佐が農学部OBという由縁で、有佐の知人家族と共に参加させて頂いた次第。今朝早くまで大雨。天気が大丈夫かと心配だったが、午後からは嘘のようにピタッと止み、太陽も顔を出すというシナリオに書かれたようなタイミングの良さ。田植えは小学校の時の体験学習以来かなあ。ヌルッとした泥が心地良かった。ありがとうございました!

写真:田植え会の風景。

20110607 さて今日は「ホープ」の紹介。少し前にブログでも紹介したが、福島原子力発電所近くで、ボランティア団体によって保護されたワンコです。一時預かりという形で5月上旬に我が家にやってきたのだが、その後、もとの飼い主の方も判明。10歳とのこと。現在は団地に仮住まいとのことで、ホープがいつ故郷に戻れるのか、まだ先は見えない。ホープは、ゴールデンレトリバーという犬種の中では、体が小さいほうだと思う。性格は甘えん坊だね(笑)。向かいあったら、ずっと目を離さずこちらを見てる。もともと散歩の習慣がなかったのか、それとも生活環境の変化からか、散歩に行くのを嫌がっていたけど、今はピエール&タロと共に、仲良く朝晩と散歩を楽しんでいる。犬の中では老犬になるけど、まだまだ元気でいてくれよ。必ず福島に戻ろうな。

写真上:「ホープ」。最近ようやく散歩についてくるようになりました。

写真下:左から「タロ」、「ホープ」、「ピエール」。

201106072

201106061 南極観測隊の越冬仲間である、北海道の古さんから、箱一杯の「アスパラ」!が届いた。北海道もいい季節なんですね。大好きな野菜の一つ。さっそく今夜、料理して食べさせていただきました。古さん、感謝。thanksです!有佐も大喜びです。

写真上:アスパラを手に持ってニンマリ。写真下:野菜サラダ、アスパラのベーコン巻き&チーズフライを作って舌鼓。

201106062

 今日、『FM COCOLO 765』 → http://www.cocolo.co.jp/ 放送の「SUNNYDAY AFTERNOON」(13001800)に出演させて頂きました。世界環境デー(World Environment Day)にちなんで、番組中に設けられたSUNNYDAY AFTERNOON 世界環境DAY SPECIALというコーナーでの出演でした。やっぱり緊張しますね。もう少し話が上手ければいいんですけど(笑)。でも楽しかったです。パーソナリティーの池田なみ子様、スタッフの皆様、ありがとうございました!! →

 http://fmcocolo-sunnyday.blog.eonet.jp/blog/2011/06/day-a4b8.html

201106032 今日のワンコは「タロ」。現在6歳。3年前、ピエールの兄弟犬のトントンが、急に亡くなったのと入れ代わるように、3歳の時にやってきた。元々の飼い主のお爺さんが歳をとって、大型犬を世話するのが大変になり、里親を探していたところを引きとったといういきさつがある。うちに来てからの順応力は早く、先輩のピエールを差し置いて威張っている。とにかく動きたいようで、落ち着きがないなあ。それに猫や小型犬がいたら目が無く、飛びかかろうとする悪っちだ。お爺さんのところにいた時はあまり外に出歩くことがなかったみたいで、たぶんその反動か?でも懐っこい、優しいワンコですよ。

写真:「タロ」。動きたくて目がキラキラ、体がウズウズ。

20110602 いつも北極の犬ぞりチームのワンコたちばかり紹介しているので、たまには日本のわが家のワンコたちを順番に紹介してみよう。

有佐が超犬好きで、日本にいる3頭の犬たちは、有佐の犬と言っていいくらい。すべて犬種はゴールデンレトリバーで大型犬。なんと座敷犬で、家の中を運動会している。君たちは北極には行けんよなあ・・(笑)。このあたり、北極のワンコたち(現在14頭)と日本で飼っている3頭のワンコたちの扱いは全然異なる(どちらも可愛がってますよ~!)。

まず今日の紹介は「ピエール」。名前がラテン系やなあ。ピエールは、有佐が子犬の時から飼っていた、メス犬のパフィ(12歳で亡くなった)が、一度に11匹も生んだ子犬の中の1匹にあたる。ピエールは生まれて間もなく、もらわれていったらしいが、6年ほど前に飼い主の方が面倒を見れなくなり、出戻ってきた不遇なワンコ。今は太りすぎだけど(笑)、戻ってきた時はガリガリに痩せていたとか。ボール遊びが大好きで、全盛期は投げてやったエアーボールを、一度に6個か7個も口にくわえて遊んでいた。性格はのんびりしてる。

写真:9歳のピエール。最近はボール遊びより、寝転ってのんびり。

201106011 レゾリュートのサエコさんより、わが犬ぞりチームの近況が届いた。全14頭元気な様子。気温もだいぶ高くなり、犬たちの冬毛も抜け始めたそうだ。北極にも夏が訪れる。紅一点の「コウ」は3月に発情期を迎えたが、残念ながら今回は、おめでたにはならなかったみたいだ。また次回を楽しみに・・。

日本は今日から6月。梅雨空がスッキリしないけれど、気持ちはまた10月中旬頃予定の北極入りに向かっている。例年のごとく夏期中は、日本で来シーズンの体制作りを進めていく。お前たち、待っててくれよ~!

写真上:犬たちの様子。写真下:冬毛が抜け始めた「ウヤー」。(写真はサエコさんより)

201106012

↑このページのトップヘ