山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2013年01月

 128日(火) レゾリュート 晴れ -38.2

20130128_3 犬ぞりトレーニングは続いている。今シーズンデビューの若い犬たちも、だいぶ走れるようになってきた。今日は一時マイナス40℃台まで気温が下がったようだ。このあたりからが北極の厳冬期だ。ここ一週間ほどで顔に凍傷がチラチラ。が付いてきた(笑)。南の空がいよいよ明るく、綺麗なオレンジ色に染まるようになってきた。太陽が戻る日が近いぞ!

写真:今日は10頭の犬たちとレッスン。2月に入れば全頭で走り、今シーズンのチーム作りのまとめに入る予定だ。

 

 

126日(土) レゾリュート 曇りのち雪 -30.2

20130126_2  日本の有佐から、勇希君の写真が届いた。なんでも最近は寝返りが出来るようになったらしい。可愛らしい写真だね。あれっ?癒されるってこういうことを言うの?北極ばかりで生きてきたので、これまで経験なく感覚が分かりませんで・・。

 

 124日(木) レゾリュート 晴れ -37.0

201301241_3 この3日間は天気が続いて野外での活動がいい感じ。今日はレゾリュート湾を出て西側にグルッと回り込み、Martyr岬まで偵察に行ってきた。

写真上:昨日は海氷の厚さを測定。氷厚100cm

写真下:今日はMartyr岬へ。平らないい海氷が広がっていた。

201301242

 

 

122日(火) レゾリュート 晴れ -19.6

201301221  日曜日の夕方から吹雪き始め、気温がグンと上昇。今日は快晴となった。若い犬たちを走らそうと考えていたが、あまりにも穏やかに晴れわたり、もったいないので、手の掛からないベテラン犬を中心に10頭の犬たちを引き連れて、海氷の偵察に。レゾリュート湾を出てから周辺は海氷が凸凹で乱れているが、ほどなく平らに広がった場所に出る。明日天気が良ければ海氷のデータを収集しよう。

写真上:沖合に平らな海氷が広がる。

写真下:レゾリュートの町に戻る途中。もうすぐ満月だ。

P1080998

 118日(金) レゾリュート 晴れ -36.2

201301181_2久々に穏やかに晴れ。冷え込んでいます。

201301182

 

 115日(火) レゾリュート 地吹雪 -31.1

201301151 ブログをサボってしまった。ここ4日ほど強風で、地吹雪が続いている。今日は特に酷い。夜はサイレス&サエコ夫妻宅でお世話になり、朝は6時半頃キャンプサイトに行って、日中の時間帯は犬の世話をするという毎日の繰り返し。ちなみにSouth Camp Innの元オーナーのアジイ&アリーサック夫妻は休暇でレゾリュート不在中。アジイさんはおそらく、何十年かぶりにレゾリュートを離れたのではないだろうか。

 天気のいい日は犬たちを走らせているが、そろそろ今シーズンのチーム作りの仕上げをしていかないと・・。犬ぞり旅行に向けて、食糧や装備の準備にも取り掛かり始めた。

 メス犬のコウが発情期を迎えたので、今回は隔離している。

写真:現在のキャンプサイト。

20130115_2

 

 

 19日(水) レゾリュート 晴れ -30.9 

 年が明けて、コンスタントにマイナス30℃台まで気温が下がるようになった。明るい時間帯も確実に増えてきている。太陽ちゃん、早く戻ってきてくれよ~!

写真:周囲がだいぶ見渡せるようになってきた。

20130109

 

17日(月) レゾリュート 地吹雪のち晴れ -30.2

201301072_2立て続けに、日本から郵便小包が届いた。

一箱は、有佐の両親から食糧品の差し入れ。もう一つは別送装備類。何が入っているのか楽しみで、嬉しくなりますね。ありがとう。

写真上:モンベル新製品の「ポーラーダウン上下」&「ライフル入れ」

 

写真下:有佐の母から「食糧」の差し入れ&在住の高槻でお世話になっているサチヨさんより犬ぞり旅行用の「パウンドケーキ、増えるワカメ、コーヒー」&勇希君の「足あと」

201301071

 

 

16日(日) レゾリュート 地吹雪のち晴れ -30.1

20130106_3 ワンコ近況報告で「パミウリ」。昨年の今ごろ里親になり、イエローナイフからやってきた「パミウリ」。当初は覚えられないような洋風の名前が付いていたので、エスキモー語で「パミウリ(尻尾)」と改名。小柄な尻尾がフサフサの綺麗なメス犬で、間もなくチームに馴染んでからは、リーダー犬の素質があることが分かった。今シーズンも時々、先頭に出して試しているが、やはり反応がいい。チームの他のメス犬に対して、凄いヤキモチ焼き屋の「パミウリ」は、主人に可愛がってもらいたくて、気に入ってもらいたくて、とにかく頑張ろう、と健気に走っているように見えて仕方がない。今シーズンはコウに抑え込まれてしまっているが、可愛げのあるワンコです。

 写真:チームで一番小柄なカナダエスキモー犬の「パミウリ」。僕のところにやってきた時は、食が細くて心配したが、今はオス犬と同じくらい食べてます。

 

 

 14日(金) レゾリュート 地吹雪のち晴れ -27.5

  地吹雪が止んだ午後、少しだけ犬たちを走らせに行く。何かと理由をつけてサボってばかりもいられない。年が明けて、徐々に冷え込みも強まり始めた。鼻の穴の周りが凍傷になりかけ(笑)。

  今日はワンコ近況報告の続きで「ルーク」。前回のルータとは兄弟で、カナダエスキモー犬。シルバー色系の通称カナダエスキモー犬は、すでに混血されて作られた犬種のような気がするのだが、純粋と言われるグリーンランドエスキモー犬とはなんとなく違う。食べ方も上品で、ガツガツと散らかすグリーンランドエスキモー犬みたいではなくて、少しずつ少しずつ上品に食べていく。たまたま僕の手元にいるカナダエスキモー犬がそうなのだろうか?「ルーク」もルータと、もう一頭のパミウリと同じように上品さがある。もっと野性的でもいいんだけどなあ・・。2シーズン目。もっと教え込んで、野性的になってもらいましょう。

 写真:上品な「ルーク」。

20130104

 

 13日(木) レゾリュート 地吹雪 -29.2

 年をまたいで、こちらでの滞在スタイルを変えることになり、バタバタとしてしまって気持ちが落ち着かず。犬たちのそばで野営生活のつもりだったが、事務仕事など(色々ありまして)が、テントでは狭いのと寒いのでままならず、夜はサイレス&サエコ夫妻宅でお世話になることになった。すっかり好意に甘えてしまい情けないのだが、これまでのパターンを変えると、どうしても態勢を整え直すにも時間が掛かってしまう。日に日に明るい時間帯が増していき、気が急ってしまうが、もう少し野営態勢が整ったら、夜も犬たちのそばで泊まり込み、トレーニングも再開したいと思っている。

 さて、年が明けて遅くなったが、いつものように今後の目標を掲げておこう。一人の気持ちだけではどうにもならない目標で、実現できるかは続けていかないと分からないが、いつも言ってることと変わらず同じで、将来のこと。気持ちが途切れないように・・。

今後の目標

 日本の極地(北極)研究者の方たちの設営支援ができるように、民間支援体制を作る。

 グリーンランド極北、カナダ極北にそれぞれ日本の観測拠点を設営する。

 エスキモー民族(グリーンランド)と日本の姉妹都市(友好都市)提携の橋渡し、促進。

 エスキモー文化の継承。

 (子育て)。

 

 1231日(月) レゾリュート 地吹雪 -21.3

 間もなくレゾリュートも新年です。

2013年が皆様にとりまして、良い年でありますように。

20122013greeting_5

↑このページのトップヘ