山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2013年04月

20130430_3 京都・FM845「わかばんneo」に出演させて頂きました!京都は中学~高校時代を過ごした思い出の地。応援をして下さってる方も多く、すごく大切な場所です。番組の中で今シーズンの北極活動の報告などさせて頂きました。 

パーソナリティの葛山さんには、僕が20歳代後半頃からお世話になっています。あっ!といっても葛山さんは僕よりも全然若いです(笑)。トークはほんとに苦手だけど、上手く質問して下さったりフォローしてもらいました。

スタッフの皆さまありがとうございました。

写真:番組終了後、葛山さんと。

 

201304281 28日&29日の休日は、地元高槻の芥川へぶらり。 

昨日は地元知人の皆さんと、アクアピアでバーベーキュー。休日ともあって、たくさんの人たちで賑わっていた。

今日29日は、桜堤公園の鯉のぼりを家族総出で見に行ってきた。勇希君は初節句。のんびりとした2日間だった。

写真上:28日、賑わうアクアピアの様子。バーベーキューをするグループが一杯。

写真下:家族全員集合。桜堤公園の鯉のぼりフェスタ。

201304282_6


201304282_5

 

  お知らせです。来週430日(火)に京都のラジオ、FM845に出演させて頂く予定です。PM1時からの「ワカバンneo」という番組の中で、2時頃からのコーナーで北極の話などさせて頂くことになっています。パーソナリティーは葛山知佳子さん。→ http://www.fm-845.com/dj/katsurayama/index.html これまでも何度か出演させて頂いたことがあります。 

最近は何処からでもインターネットでラジオが聴ける時代なんですね。時間があるかたはぜひ聴いてみてください! 

このページ → http://fm-845.com/ からラジオにアクセスできます。Simul Radio(サイマルラジオ)と言うそうな。

 

事後報告です。 

今日423日(火)、関西のケーブルテレビJ:COMの番組「おちゃのこSaiSai」→ http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/ochanoko_saisai.html

に出演させて頂きました。関西圏で生放送されている番組で、「関西満載いらっSai」のコーナーで10分ほど話をさせて頂きました。あの世界とこの世界、全然違うので、かなり緊張(笑)。でも凄く楽しい番組でした。そうそう、生まれて初めてメークをしてもらった(笑)。番組のスタッフの皆さま、ありがとうございました。

20130423_2写真:番組終了後、記念撮影にも参加させて頂いた。

 

  帰国して5日が経った。いつも通りなかなか頭が回転しないが(笑)、そうとも言ってられない。真っ先にしたことが、帰国の翌日に狂犬病の予防接種を受けに行った。今シーズン犬ぞりチームのワンコ達に狂犬病騒動が勃発したので、こういうケースもあるのだと、今後のために自らもちゃんと受けておくことにした。来シーズンの日本発(10月末頃)までに計3回に分けて受けておく必要がある。生活面でも通常に戻すべくランニングを始めたり、何件か講演等々の話も頂いたりしているので、準備を少しずつしたり・・。そんな感じです。

 2月下旬から3月上旬にかけて、共同通信社の澤野記者の取材を現地で受けたが、記事が先日配信され少しずつ紹介されているようです。Japan timesにも掲載されたと連絡を頂きました。

→ http://www.japantimes.co.jp/news/2013/04/18/national/chilling-arctic-explorer-yamazaki-sees-climate-change-impact-up-close/#.UW9ygaK-2So

写真:掴まり立ちが出来るようになった勇希君。飛行場の再会では泣かれずに済みました(笑)。有佐ともども元気です。

20130419

 

   取り急ぎ帰国報告です。 

12日にレゾリュート発 → イエローナイフ → カルガリー → バンクーバー → 東京成田 → 大阪伊丹と乗り継いで、15日夜に無事帰国しました。今シーズンも多くの方々に応援、支援を頂きました。心より感謝しております。ありがとうございました。

 ※完全に時差ボケで深夜目が覚めてしまいました(笑)。

写真:レゾリュートで長年お世話になっているアジイ&アリーサック夫妻と。

20130416_5

 

49日(火)レゾリュート 晴れ(低い地吹雪を伴う)

20130409  レゾリュートは暖かい日が続いている。太陽が雪面を照り返し、クラクラするくらい眩しい。

 すべての装備類のパッキングを完了した。来シーズンにグリーンランドに持ち込む装備類もけっこうあり、帰国便で手荷物超過料金をごっそり支払うことになりそうだが、また数シーズン後にレゾリュートに戻ってくるので、装備の殆どは貨物コンテナの中に保管することになる。いつものように装備のパッキングリスト作成も終わった。

 写真:コンテナに保管の装備。日本の自宅にある自分の所持品よりも多い気がする・・(笑)。

 

48日(月)レゾリュート 晴れ、薄曇り

20130408  昨日で、朝夜の日課にしている気象観測を終了させた。そしてワンコたちもまた全頭が昨日、ナット、デビット、サイレス&サエコ夫妻の元へとそれぞれ引き取られていった。なんだか急に寂しくなってしまった。

このチームは20071月に、海氷崩壊による犬ぞり流失事故のあと再編成したチームで、事故の際にすべての犬たちを失ってしまった中で、「リク(陸)」だけはまだ生まれて4か月ほどで幼く、たまたま村に置いて行き、生き残ったワンコの一頭だった(母犬もその時の事故で失ってしまった)。そんな「リク」が現在のチームに子犬の時に加わり、リーダー犬を務めていた「キナリ」亡きあと(昨シーズン老衰で亡くなった)、最後は自らリーダー犬を務めるまでに成長してくれた。その間、随分とチームの顔ぶれは入れ替わったけれど、「リク」で始まり「リク」で終わったチームだったのかもしれない。当然、これまで活躍してくれた全頭に愛情が強くあるけど・・。

写真:「リク」と。

 

 

43日(水)レゾリュート 晴れ -28.2 

 いつものシーズンより早い帰国となる。時間と状況がすべて許すなら、もっと北極で活動していたいくらいだ。今シーズンも納得のいくシーズンでは無かったけど、次があるから帰国してまた準備を始めないと・・。

今後の予定

412日 レゾリュート発

415日 日本帰国

6月中旬 グリーンランド観測支援のためグリーンランドへ

8月上旬 グリーンランド観測支援より帰国

10月末もしくは11月初旬 犬ぞりチーム再編成および2013-2014年シーズンの活動のためグリーンランド・北西部地方入り

20130403_2

 

 42日(火)レゾリュート 晴れ、薄曇り -35.1

20130402 今日の海氷データ収集で、今シーズン最低限の作業を終了した。このあと後片付けに入る。 

その後のワンコ達のことを報告しておかなければならない。

狂犬病騒動はその後おさまり、みんな元気に過ごしている。ホッと胸を撫で下ろすとはこういうことか。ただ病気で療養中だったベテラン犬の「アミッバル」は、全身の筋肉系がやられていたと思うのだが(病名は分からず)、3月中旬に亡くなって逝った。食欲は普通にあるのだが、どんどん痩せ細っていき、最後の何日かは体が痛むのか、ずっと悲鳴をあげっ放しで見ていられなかった。ここでは動物病院は無く、治療を受けさせてやれないのが心残りだった。楽になれたからか、穏やかな表情の最期が心に焼き付いてしまっている。ほんとにサボることを知らない、馬力もピカイチのいいソリ曳き犬だった。

残ったワンコ達は全12頭。ただし戦力となるオス犬は8頭。メス犬が4頭だ。

311日のブログでも報告した通り、今シーズンで今のチームを手放すことに決めた。残った犬たちには未練タラタラだけど、来シーズン以降の活動を考えると、どうしてもチームを再編成する必要がある。

レゾリュートでは僕がソリ曳き犬として一緒に走ってきたワンコ達をみんなから欲しがられていて(殆ど走らせることはないのだが、グリーンランド犬をみんな欲しがる)、その中でも犬たちを大切にしてくれそうな人を厳選して引きとってもらうことにした。レゾリュートで犬ぞりチームを持っているエスキモーの猟師は二人だけで、少し年輩だけど町の猟師のエース、ナットさん。そして時期エースと思われる僕と同年配のデビット。この二人が、若い犬たちを中心に8頭(アプ、コウ、パミウリ、ルータ、ルーク、パニッ、マイ、チミヤット)。5シーズンの間レゾリュートの様子を見てきて、僕が凄く好きな二人の猟師だ。グリーンランド犬の血を増やしていってくれることを願っている。そしてこれまで夏期中にワンコたちの世話をお願いしていたサイレス&サエコ夫妻。サイレスは犬ぞりに挑戦したいとのことで、すでにソリ曳き犬として出来上がっている手の掛からないベテラン犬たちを中心に4頭(ルッキ、カヌッルンニ、リク、シン)を引きとってくれることとなった。ベテラン犬は特に引き取り手があるか心配だったが、この二人なら、可愛がってくれると思う。

写真:今日の海氷データ収集で、最低限の作業は終了した。ワンコたち、最後まで走ってくれてありがとうね。

 

 331日(日)レゾリュート 晴れ -31.6

20130331  ほんとにどれくらい振りだろう?久々に風も穏やかな快晴!この2か月間で一番いい天気なはずだ。朝はぐっと気温も冷え込んだ。太陽が昇ると暑くなるので、AM5時半頃まだ冷え込んでいるうちに犬ぞりを出す。マーター岬まで、先日設置した海氷観測カメラの点検に。設置した日は天気が急に悪くなり、ゆっくり確認出来なかったので、もう一度帰国前に保守点検に行った次第。お昼前には町に戻って来た。

 

写真:今シーズンも大詰め。このチームで走るのも間もなく終わりを迎える。

 

 

330日(土)レゾリュート 曇りのち晴れ -20.1

 前回のブログで映像が紹介されるかも。なんて書きましたが、どうやらボツになったみたいです。トホホ・・。北極からインターネットで送信するのに7時間もかかったのに。硬すぎて、バラエティ番組にはマッチしなかったのかもしれないですね(笑)。あちこち知人からも連絡を頂いたのに期待させてしまいました。すみません。

せっかくなので・・。有佐が送った幾つかの映像を編集してくれ、YouTubeにアップしてくれました。楽しみにしてくれてた方、これでご勘弁を。一頭のソリ曳き犬が引っ張れる橇の重さのイメージです。こちら → 

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Vn9ceEYxKjI

↑このページのトップヘ