山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2013年07月

730日(火)カナック 晴れ

 グリーンランドでの観測調査への参加は続いている。72330日にかけて内陸氷床に、SIGMA青木さんチームの観測支援に出かけていた。悪天が続いたが30日無事にカナックの町に帰着しました。

あちこちからメール連絡を頂いていました。返信が遅れてしまい申しわけありません。

写真:悪天候、吹雪の中、研究者の観測作業は続く。手前はアイスコア採取風景と、奥は自動気象観測計のメンテナンス風景。

20130731

74日(木)カナック 晴れ

201307042_2 本日カナックは快晴。午前中にGRENEの杉山さんチーム5名と北海道テレビクルーチーム3名がヘリコプターにて観測調査のフィールドへ入っていった。悪天候なども重なって、予定より3日遅れ。

このあと7月中旬にはSIGMA青木さんチームがカナック入りの予定。

 昨夜、夏期の物資補給船がカナック沖合に到着。以前は年に一度だった物資補給は、最近では夏の間に2回、貨物船による補給が行われるとのこと。海氷が以前より張らないからか?町は船の到着に活気づいている。

写真上:観測調査へ出かける杉山さんチームと北海道テレビクルーチーム。

写真下:カナックに物資補給船がやってきた。

201307041_2

71日(月)カナック 雨時々曇り

 有佐の祖母が永眠。97歳。

そして福島県の被災地からやって来たワンコ、ホープ(アマ)君が13歳で老衰のため亡くなった。

との知らせを受けた。

負担がかかる中、そばにいてやれなくてゴメン・・。

↑このページのトップヘ