山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2015年02月

 2月23日(月)曇り シオラパルク -24.3℃

 太陽が日に日に高くなる。本格的な犬ぞりシーズンの季節だ。このあとの予定は、3月に入ると、20歳の頃からお世話になっている知人の方が、シオラパルクを訪問することなっており、行動を共にすることなっている。そして3月末か4月初めにはシオラパルクよりさらに北の、イングレフィールドランドへ、長期で犬ぞりで出かける予定。シオラパルク在住の大島さんや猟師の人たちと行くのだが、僕の場合は観測拠点設営の目標に向けての、現地探査が大きな目的です。

そして5月は、東グリーンランドでの日本隊の観測調査支援をすることになっており、帰国は6月初めになります。今しばらくこちらでの活動を頑張ります。

2月17日(火)晴れ カナック -30.4℃、シオラパルク -29.9℃

201502171

 太陽が約4か月振りに戻った。

 2月15日から、産休のママットルを除く、全14頭の犬たちと再びカナックへ。翌日戻る予定だったが、16日は天気が良くなく、17日の今日シオラパルク村に戻って来た。相変わらずカナック前の海氷上でテント泊。停滞の16日は朝一で、買い出しをしたかったバケツと灯油ランプを、カナックの店に買いにいったあと、すぐテントに戻る。上陸はそれだけ(笑)。この冬デビューの若い犬たちも、長距離を走ることで、着実に体力をつけてきている。まだ号令を無視するようなことがあるので、このあとビシッと教えていくことが課題。

今朝、薄明るくなり始めたAM8時半頃にカナックを出て、シオラパルクに到着したのがPM2時半頃。村に向かう途中に、山の上の方からオレンジ色の明りが染まり始めた。村についてしばらくすると太陽が顔を出した。地形の関係で、カナックはまだ太陽が出ていなかったが、シオラパルク村では昨日少し太陽が顔を出したとのことだった。

写真上:シオラパルク村のある裏の山がオレンジ色に染まる。

写真下:約4か月ぶりに戻ってきた太陽。犬たちの影がのびる。

201502172

2月12日(木)晴れ -32.2℃

20150212

 あと5日ほどで4か月近く続いた極夜も終わり、太陽が顔を出す。今年に入ってからは、すっかり冬らしく冷え込んでいる。天気がいいと今は、朝の8時頃から東の空が薄明るくなり始め、PM7時になってもまだ西の空に残照がのこる。それでも太陽は顔を出さないという不思議な光景です。

写真:明るくなり、写真が撮りやすくなってきた。村の端に繋留しているワンコたち。

2月9(月)雪のち薄曇り -34.5℃(海氷上観測地点)

201502092

  さかの、ママットル!

カルタの文句になりそうですが、まさかのママットル!です。

実はメス犬の「ママットル」がまたまた・・。1月25日の走行を最後に、産休に入っていて、8日夜の9時頃から11時頃にかけて6匹の仔犬を産みました!数日前に雪の下から枯草(干し草)の「イビ」を、犬ぞりのついでに一杯取ってきて、ママットルの下に敷いてやった矢先でした。ドンピシャですね(笑)。

今、僕のチームは15頭のワンコ達がいて大所帯で、これ以上増えると面倒を見きれないので、今回は見送ろうと、12月に発情期を迎えた時は、隔離したのだけど・・(笑)。それでも、村で仲のいいケットゥットゥが仔犬を欲しいとのことで、もらわれていくことに決まっています。同じチーム内だと、血が近くなりすぎるので、こちらの人たちも上手く調整していきます。ママットルは、ケットゥットゥが、生まれた仔犬たちと一緒に自分で世話をするとのことで、しばらく留守になります。それにしてもエスキモー犬たちの生命力には脱帽です(笑)。

写真上:出産直前のママットル。

写真下:生まれた仔犬たち。

20150209

2月4日(水)雪 -24.3℃

 時代の流れとその速度は、どこで変わってくるのだろう?このグリーンランド北西部地域は、時間の流れが緩やかで、エスキモー文化が根強く残された、最後の聖域でもあった。だけど10数年前、この地域最大のカナックの町に、飛行場が出来て以来、外界との行き来がやりやすくなってからは、時代の流れの速度が恐ろしいほど早まり、急速に古来の文化が失われている。僕が足を最初に踏み入れた25年ほど前は、この地方には全部で6つの村落があったが、この10年ほどで2つが廃村になってしまった。飛行場が無い頃は、小さな村落に住んでいた人々の憧れは、この地区最大の町、カナックにあったように感じていたが、今はこの地方を離れて、南部の地域へと目線が変わり、移住する人々や家族が顕著だ。多い時でカナックの人口は800~900人と聞いていたが、今では600人ほどだ。僕が滞在しているシオラパルクにしても今は40人ほどと、以前の半数くらいになってしまっている。

猟師の数が多く、狩猟をする犬ぞりがあちこちと行き来していて活気があり、本当に面白い地域だったが、めっきり寂しくなってしまった。専業猟師は殆どいなくなってしまった。地域の地球温暖などの問題ではないと思う。近年、毛皮などの市場も、動物保護などの観点から締め出されたりなど、専業猟師では生活が出来ず、比較的に現金収入になる「漁師」へと転換したり、安定収入のある定職に就くようになってきた。そうなるとやはり南部の大きな町へと目が向いていくのか?時の流れが緩やかだったあの頃には、もう戻れなく、最後に残された昔ながらのこの地域のエスキモー文化も、このまま急速に衰退していくと思う。今しばらく、この地域の移り変わりを見つめていこう。

2月2日(月)雪のち晴れ カナック -23.8℃、シオラパルク -29.5℃

20140202

 2月に入り、こちらは冬本番。犬たちを長距離走らせたくて、1泊で隣り町のカナックへ小旅行に出かけてきた。特に今シーズンデビューの4頭のオス犬(ワサビ、カギャ、ガリッ、コテツ)が、そり引き犬としてどれ位のところまで成長してきたか、確認したい意味合いが大きかった。僕もこの冬初めての泊りでの犬ぞりになるので、余裕はないと思い、観測課題関係の道具は村に置いていった。

2月1日は13頭のオス犬たちと、まだ暗い中AM8時半頃シオラパルク発。カナックにはPM2時半頃着。距離と時間はあまり関係なく、海氷や積雪、気温などなど、色んなコンディションで、進める距離、時間が全然変わってくるけど、今回は海氷の状態もよかったが、早かったほうだと思う。

カナックの町の前の海氷にてテント泊。町には行かず、犬の世話やら色々してると夜の時間帯になり、そのままテントで宿泊。シオラパルクで仲のいい、ケットゥットゥから、カナックにいる息子のイガーパルに渡して欲しいと、預かり物があったが、イガーパルがPM7時頃、わざわざテントまで受取りに来てくれた。結局今回は、チェックポイント代わりに(笑)、イガーパルに会っただけで、翌朝の9時半頃、東の空が薄明るくなり始めた頃にカナックを出発。シオラパルク村に到着したのはPM4時頃だった。昨シーズンまでの9頭のワンコ達は、この冬初めての長距離を2日間、問題なく走り切った。1歳のワサビ、ガリッ、カギャは走る体力はそこそこついているが、まだまだベテラン犬たちに比べると課題はあるけど、時間が解決してくれそう。生後5か月半のコテツ君は、頑張ったが、復路3分の2ほどのところで、かなりバテてきたので橇から外してフリーで走らせてやる。それでも残り10kmほどのところで、犬ぞりからどんどん遅れるようなったので、橇に乗せてやった。でも生まれてこの時期で初長距離走行をここまでやれたら、これも時間が解決してくれる。体格も普通の生後5、6か月よりも大きく、かなりいいソリ引き犬になるのでは、と楽しみにしている。

犬たちをしばらく休ませてから、餌をあげたりなど作業をしていると、あっという間にPM8時を回った。

写真:カナックの町の前でテントを張る。このピラミッドテントは、支援をして頂いているmont-bell社が製作してくれたテントで、このテントも今回がデビューでした。

↑このページのトップヘ