山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2015年03月

3月27日(金)雪 -14.3℃

201503272_2

 日本だとこの季節になると、暖かくなり、桜も咲き乱れて、気持ちが明るくなってくるはずなんだけど、北極にいる時、僕はこの季節になると、心がどんどん寂しくなってくる。冬から春、夏へと移り、犬ぞりシーズンが終わっていくからか?北極で活動している滞在期間中は、11月頃の極夜から、極夜が明けて2月頃の厳冬期、寒さがまだ残る3月中旬頃までがやっぱり楽しい。陽射しが暑くなり(体感温度も)、気温もどんどん暖かくなってくる3月中旬以降からは、毎シーズン、何故かどんどん気持ちが寂しくなっていく。ちょうど今がそんな心境・・。

3月25日(水)強風のち晴れ -10.2℃

201503251

 ブログ更新を忘れがちです。いかん、いかん・・。

 この1週間でシオラパルク村周辺は、地吹雪の日が5日間。天気が荒れに荒れた。この冬は安定したと思った海氷が、どんどん流失して、シオラパルク村の5kmほど沖合まで海が迫って来た。南側対岸の、カギャ岬も1mほど厚さがあった海氷が流されてしまった。

写真:この数日で、シオラパルク村のすぐ沖合まで海が広がった。

3月18日(水)雪のち霧のち地吹雪 -15.7℃

201503181

 先週の金曜日から、犬ぞりで神長さんと出かけていました。神長さんは今日、帰国の途へ。

今朝のカナックの気温はマイナス10.2℃と跳ね上がった。雪とそのあとの霧で視程が無い中、シオラパルク村帰着。土地勘というやつですね(笑)。でもホワイトアウトは神経を使います。

写真上:岸壁下を犬ぞりで駆る。

写真下:キャンプ風景。奥はBowdoin氷河。

20150318

3月8日(日)晴れ -28.7℃

20150308

 本日はMeehan氷河にて。1998年頃から氷河直下の写真を撮っているので、今回も記録撮影。天気も良く、半分はピックニック気分?(笑)

写真:Meehan氷河直下の犬ぞり。

3月6日(金)曇りのち晴れ -28.3℃

20150306

 3月4日に日本から、山と渓谷社の神長さんがシオラパルクに到着。神長さんには、アマゾン河イカダ下りのあと、20歳の時からお世話になっており、僕のこれまでの活動を長年にわたって見続けてくれている方です。以前から「一度北極で」と約束をしていて、今シーズンようやく念願が叶いました。2週間ほど滞在されます。

写真:神長さん(左)と犬ぞりで出かける。

3月2日(月)晴れ -31.1℃

201503021

 気付いたらもう3月。ブログを更新するのを忘れてしまっていた。

日に日に太陽が高くなっていく。この冬は今のところ、すごく天候が安定している。このあとドカンッと天気が悪くなることもあるんだろうか?都合のいいことばかりは無いもんなあ・・(笑)。シオラパルク村周辺の海氷の厚さは1mを超えた。

気温こそ今日もマイナス31℃くらいまで下がっているが、陽射しが体を温めてくれる。

写真:太陽の熱を実感できる。

20150302

↑このページのトップヘ