山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2015年04月

4月27日(月)晴れ 

 アラスカのポイントホープに通い続けている、意気投合できる高沢進吾さんという友人がいて、ポイントホープからメールが届いた。今シーズンもポイントホープ入りしたとのこと。エスキモー民族が生活する端(アラスカ)と端(グリーンランド)。リアルタイムでメールが出来るとは、時代は変わりました。高沢さんは20年ほどにわたってポイントホープに通い続け、現地の鯨猟に参加し続ける、面白い友人です。今シーズンも存分に楽しんで下さい(笑)。→ http://homepage1.nifty.com/arctic/

4月25日(土)晴れ -13.6℃

ブログが滞ってしまった。

あと一週間ほどでシオラパルク村を離れる。犬ぞりでの活動は今シーズンも終わりを迎え、後片付けに取り掛かった。このあたりはいつも凄くもどかしい。このまま北極で活動を続けたい気持ちと、早く日本に帰って、今後の取り組みに向けて動き回りたい気持ちと・・。時間がもっと欲しく、身体が二つ欲しい。こちらで活動を続ける時間と身体と、日本で今後に向けて取り組む時間と身体と・・・。

まだまだ先は長いです。信じて頑張るよぉ~!

20150425

4月5日(日)雪のち曇り -18.7℃

20150405

明日から今シーズンの活動の締めで、大島さんとシオラパルクよりさらに北の、イングレフィールドランドに犬ぞり旅行に出かけてきます。僕のメインの目的は、観測拠点設営に向けて、現地探査です。天候にも大きく左右されるので、犬ぞり旅行期間は幅があり、10~15日間といったところだろうか。

写真:以前に犬ぞりで訪れた、イングレフィールドランド(海氷上より)。

4月4日(土) 雪 -17.8℃

20150404

 シオラパルクのすぐ沖合で海氷が流失したので、北へ行く通常の氷河越えルートが使えなくなり、シオラパルクのあるフィヨルド奥の、Meehan氷河を登って北の方へ抜けるべく、今日は大島さんと燃料とドックフードの荷揚げ。今シーズンは雪付きが悪く、サイドモレーンはガラ場が多い。この氷河は坂が急なので、登行は大変だ。気温も高く一汗掻いた。

写真:荷揚げでMeehan氷河のサイドモレーンをゆく。行く手はガラ場。

↑このページのトップヘ