山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2016年01月

1月29日(金)シオラパルク 晴れ -17.2℃

20160129

 1月24日から1月28日にかけて、犬ぞり小旅行をしてきた。シオラパルクから50~60km離れた、隣り町のカナックの町を通過して、フィヨルドのさらに最奥部の、カナックから70~75kmほど離れた、ケケッタ村まで2日かけて足を延ばし、復路は3日かけて昨日28日の午後に、シオラパルク村帰着。天気も良くテントで泊まりながら、犬たちにも僕にもいい調整だった。ケケッタ村にも友人が多く、みんなにも会うことが出来た。

写真:ケケッタ村前の海氷上でテントを張る。

1月21日(水)シオラパルク 吹雪 -20.3℃

20160119

 日に日に南の空は明るさを増している。極夜が明けるまであと1ヶ月弱。昨夜から久々に天気が荒れて吹雪となっている。

天気が良ければ、24日の日曜日から5泊前後の予定で、海氷データを集めに、犬ぞり小旅行に出かけようと準備している。当然ながらテント泊です。

我がチームの2頭のメス犬たちは、ママットルがおそらく妊娠していて約1ヶ月。またリッカは発情期を迎えそうな様子で、今回はオス犬と交配しないように、ママットルと一緒に家の近くに連れてきて繋留中。お留守番となる。

写真:一昨日の海氷データ収集にて。作業中にぐっすり眠る6頭の犬たち。

1月13日(水)シオラパルク 曇り -6.4℃

 狼が出た!嘘つきオジサンではない。今朝シオラパルク村に狼が現われ、射殺された。もっと北の地域か、あるいはカナダ領のエルズミア島あたりには棲息してるが、シオラパルクで狼が出た話は初めて聞いた。こちらでは狼のことを「アマウォッ」と言う。この冬は隣り町のカナックでは、12月に4頭も白熊が射殺されたりと、人里には滅多に来ない動物が立て続けに現われて、住民を脅かせている。

昨日から気温が急上昇していて、今朝はマイナス6℃ほど。少し動けば汗だくになってしまうくらい、どちらかというと暑く感じる。

写真:今日の午後の南の空。日に日に赤く鮮やかに染まってきている。

20160113

1月9日(土)シオラパルク 晴れ -21.6℃

20160109_2

 ブログをサボってしまった。この一週間ほど、最低限の作業はしてたけど、なんだか腑抜け状態だった。一年間常に、緊張感を張り詰めらせるのは、難しいところだな(笑)。

今日から全13頭の犬たちと走り始めた。今シーズン初めて10頭以上で走らせたが、逆に犬たちに煽られてしまう(笑)。メチャクチャわんこ達、元気だ。今月下旬に、月が戻ってきて明るくなったら、テントを持って犬ぞりで出かけ、何泊かしてくる予定だ。それまでに全頭で何度か走らせて調整しておかないと。日に日に薄明るい時間帯は増えていっているが、太陽が戻るのはまだ1ヶ月以上先だ。

写真:全頭で走り始める。

 

1月1日(金)シオラパルク 晴れ -26.0℃

 グリーンランド・シオラパルク村も新年を迎えました。皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

例年の如くこの日は今後の目標を、気持ち・モチベーションが切れることがないように記したいと思います。もうずっと以前から掲げている、自分の北極人生に於いての、これまでと全く変わらない目標・夢です。まだまだ辿り着くまでには時間がかかりそうですが、必ず実現させるのだと自分に言い聞かせて、信じて、これからも取り組んでいきます。一人で出来ることではありませんが、一歩ずつ前進していきたいです。どの歳になっても目標に向かっていたい。夢を追い続けていたい。

今後の目標

・  日本の極地(北極)研究者の方たちの観測支援ができるように、民間支援体制を作る。

・  グリーンランド極北、カナダ極北にそれぞれ、日本の観測拠点を設営する(設営費用は民間団体・企業等からの賛助金、支援金等の獲得を目指す)。

・  エスキモー民族(グリーンランド)と日本の交流(姉妹都市や友好都市といった)の橋渡し、促進。

・  エスキモー文化の継承。

・  (家族を大切にする)。

20152016greeting

皆さまにとって、よい年になりますように!!

↑このページのトップヘ