山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2016年02月

2月26日(金)シオラパルク 晴れのち雪のち曇り -17.5℃

201602261

今シーズンも話題を振りまいてくれます「ママットル」。12月に発情期を迎えて、しばらくするとふっくらしてきたので、ご懐妊と思い大喜び。毎日せっせと多めに餌を与え続けた。2ヶ月近くになり、かなりふくよかになり、今か今かと待ち続けても、全くお産の気配なし。なんと誤懐妊だったのだ。こんなに身体は大きくなったのに・・。

写真上:今日は調整で6頭のワンコたちを走らせる。

写真下:「ママットル」。これでは走れません。ただ今、減量中。

20160226

2月24日(水)シオラパルク 雪のち曇り -7.0℃

20160224

 太陽が戻って、この季節がこちらの厳冬期だけど、やたらと気温が暖かい日が続いている。まさかこのまま春になるんじゃないだろうな・・。

今日のワンコは「リッカ」。11月に発情期を迎えて、今回はオス犬から離して隔離した。ところがなんと、1月下旬にも発情期と思われる春が来た。大型犬は半年ほどのペースで発情期が来る、というのが定説だが、北極に住むメス犬には当てはまらないような気がする。よくこんな場面に出くわすのだ。それとも妊娠しなかったら、すぐにまた来てしまうのだろうか?エサを与え過ぎると、間隔なくして、またぶり返してくるのだ。ソリ曳き犬を扱いなれたエスキモーの人たちも、このことは普通のこととして言っている。不思議だね「リッカ」君。

写真:発情期後、また犬ぞりに復帰した「リッカ」は、元気過ぎ。オス犬たちを翻弄してます。

2月22日(月)シオラパルク 曇りのち雪 -7.6℃

201602221

 天気が崩れて夕方には雪となり、気温が急上昇。明日も降雪が続きそうな予報。

今日のワンコは「ショウヤ」。一昨年&昨年シーズンは、前年の冬毛が夏の間に落ち切らずに、毛玉みたいになって身体全体にこびりついて、見た目が汚かったが(笑)、この冬は見兼ねて、日本から犬用のブラッシングブラシを送ってもらい、せっせと解いてやっていたら、綺麗なこげ茶色の毛が登場(笑)。率先してグイグイと手を抜くことなく、今シーズンも橇を引っ張ってくれている。

写真上:犬の遠吠え。

写真下:(上)昨シーズンまでの「ショウヤ」君。(下)綺麗なこげ茶色の毛並になった、この冬の「ショウヤ」君。

201602224

2月20日(土)シオラパルク 晴れ -24.6℃

201602203_2

 午後に顔を出した太陽の陽射しが、顔に当たると熱を感じる。9頭の犬たちと海氷の厚さを測りに、村から西のインナンテッデという付近まで出かけて来た。

今日のワンコは「アッロ」。変わらず悩みもなさそうで、何があっても明るく挫けません。気持ちだけは僕もアッロを見習うことにしよう(笑)

写真上:今日の野外作業にて。

写真下:元気で明るい「アッロ」君。

20160220

2月18日(木)シオラパルク 曇りのち晴れ -22.1℃

201602181

 昨日は久しぶりに雪が夕方まで降り続いた。今日もお昼過ぎ頃まで空を雲が覆っていたが、午後2時頃に南の空が開けて、太陽が顔を出した。4か月振りの太陽!陽光を目一杯浴びた。

今日のワンコは「キャヨット」。1月下旬に右前脚を痛めて、しばらく走行が遅れがちだったけど、ようやく復調。相棒のハロットが夏に亡くなってしまって、ずっと元気がなく、孤立気味で気になっていたが、最近はアッロと仲良くしているみたいだ。犬にも色々と性格があって、アッロみたいにいつも悩みが無いように、無邪気な性格の犬もいるし、そうでない犬もいる。キャヨット君、元気出してくれよ。

写真上:ようやく太陽が出た!

写真下:カメラを向けると不安そうに見つめる「キャヨット」。

20160218

2月16日(火)シオラパルク 晴れ -30.2℃

201602161

 今日こそ4か月ぶりに太陽を拝める、と思いきや、なんと雲が邪魔してお預けに。

今日のワンコ近況は「ヌターバル」。今シーズンも特に悪さもせず、目立ちもせず、といった感じで、坦々と橇を曳いている。特技の早食いは相変わらずで、チームNo.1。

写真上:むむ~ッ、雲のヤツ・・。

写真下:「ヌターバル」。毛の配色が“ガリッ”に似ているのは、1歳上の兄貴だからです。

201602162

2月15日(月)シオラパルク 晴れ -30.7℃

201602151

 今朝は久々のマイナス30℃台まで気温が下がった。

午後2時40分頃、微妙な陽光が南のケケッタ島の上に輝いた。向かって左(西)の方へ、少し陽光が輝いたり島に隠れたりを繰り返したが、シオラパルク村では影にはならず。明日は確実に顔を出しそう。

今日のワンコは「ガリッ」。昨日の“わさび”とは兄弟で、一緒に繋いでいるとタッグを組んで、他の犬たちにケンカを売ることがあるので、別々のグループにして繋いでいる。ソリ曳き犬として2シーズン目になり、わさびと共にいい感じになりました。

写真上:微妙に輝いた陽光。明日は姿をハッキリと見せてくれそう。

写真下:すっかり成長した「ガリッ」。

201602152

2月14日(日)シオラパルク 晴れ -29.1℃

201602144

 太陽が裏山の頂を赤く染めた。明日はいよいよ4か月ぶりの太陽が地上にも届きそうだ。

今日のワンコは「わさび」。僕、いい子なんです。と、いつもあどけない表情を見せる、わさび君だけど、けっこう気は強く、自分より大きな体の犬にも対抗する。この冬は老犬のキャヨットを苛め気味で、よく僕に怒られている(笑)。ソリはよく引っ張ってます。

写真上:(上)マイナス30℃くらいまで冷え込んだ今日は、8頭の犬たちと海氷データ収集。(下)午後遅く、裏山が太陽で赤く染まった。

写真下:憎めないキョトンとした表情をする「わさび」。

201602143

2月12日(金)シオラパルク 晴れ -27.3℃

20160212_2

 数日前から、月がまた空に戻ってきている。

 今日のワンコ近況は「アーベェ」。老犬の年齢に入ってしまったが、8歳のこの冬もまだ体力ともに健在で、チームの犬たちをリーダー犬として先頭で、引っ張ってくれている。たいていの犬は7~8歳を過ぎる頃から、他の犬たちとの走行のペースについて来れなくなり、リタイヤしてしまうが、強い犬は十数歳までソリ曳き犬として現役でいられる犬もいる。できればアーベェにも、10歳を過ぎるまで、少しでも長く頑張ってもらいたいと思っている。こちらでリーダー犬のことを“カギャッタット”と言い、意味は“岬の先端、先っぽ”。

写真上:今日の正午頃の月。朝10時を回って南東の空に顔を出した月が、少しずつ高くなる。

写真下:今日の「アーベェ」。寝ていたところを起こしたので、眠そう・・(笑)

201602122_2

 

2月10日(水)シオラパルク 晴れ -25.4℃

 昨年末にブログでお知らせした「(社)北極観測支援機構」のホームページが完成し、公開されています。内海代表理事が中心となり、制作を進めてくださりました。今後が楽しみです。この機構の強みは、北極域への、船舶等を始めとする大型輸送の手立てがあることです。

ぜひホームページをご覧ください。

(社)北極観測支援機構 ホームページ → http://arcticlogistics.tokyo/

2月9日(火)シオラパルク 晴れのち曇り -25.5℃

20160209

ブログ更新が滞ってしまった。一日があっという間に過ぎている。今日は犬たちの調整のため、フィヨルド奥のMeehan氷河の偵察も兼ねて、犬ぞりを走らせてきた。

こちらシオラパルク村は、あと一週間ほどで太陽が戻る。数百キロメートル南のサビシビック村では、昨日極夜が明けて太陽が戻ってきたとのこと。

この一週間ほどで随分と明るくなり、外での写真も撮りやすくなってきたので、写真を入れながら、ワンコ近況の2順目をしていこう。

今日は最年少の「コテツ」。1歳6ヶ月とチームでは一番若いコテツ君は、現在リーダー犬のレッスン中。若い犬たちの中で、次期リーダー犬を育てたいと思っているが、順番に試していくと、一番それらしい動きをするので、少し前から、先頭を走るリーダー犬のアーベェのすぐ後ろに付けで走らせている。まだ若いので、走行中に緊張感が緩むことがあるが、数年後に上手く育ってくれれば・・。

写真上:今日の走行にて。明るくなり、写真が撮りやすくなってきた。

写真下:今日の「コテツ」君。

201602092

↑このページのトップヘ