山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2016年05月

 5月14日に予定通り帰国しました!どうやら家族には忘れられていなかった。10ヶ月になる娘にも、泣かれることなく受け入れられた模様です(笑)。

 一件お知らせです。「フィールドノート古今東西」(第13巻)(古今書院刊)が留守中の自宅に届けられていました。→ http://www.kokon.co.jp/book/b222719.html 古今書院から全15巻で刊行されている(される)、研究者の方たちによるフィールドワークに関する専門書なのですが、第13巻はフィールドノート(野帳)がテーマとされていて、その中で僕も愛用している、古今書院の野帳についてのコラムを書かせて頂きました。興味のある方は、ぜひ手にとってみて下さい。この全15巻のシリーズは、世界各地域でフィールドワークをされている研究者の方たちの専門書です。

20160516_3

5月7日(土)カナック 晴れ 

201605074

 今シーズンの活動を終え、帰国の途につく。今、カナックの町にいる。

 4月の観測支援を終えて、ホームタウンであるシオラパルク村に戻ったあとは、バタバタと後片付けをした。犬ぞりが出来ない夏期の帰国中は、僕のドックチームのワンコたちは、シオラパルク村の友人・知人に預かってもらう。その手配もちゃんとした。今回はマッシャングア、ケットゥットゥ、イラングアの3人に分けて、犬たちを預かってもらうことにした。昨シーズンの夏期の帰国中には、2頭のワンコが亡くなってしまったのだが、今回はそういったアクシデントの確率を少しでも減らすべく、元気に来冬期を迎えてくれるように、好条件でお願いしたつもりだ。

 2006~2015年にかけての、10年間の活動に一区切りを迎え、2015~2016年シーズンは、これからの北極での取り組みにおいて、新たな展開を迎えるシーズンとなった。犬ぞりでの観測活動はこれからも継続していくが、(社)北極観測支援機構(→ http://arcticlogistics.tokyo/

が立ち上がったことは、今後の北極での目標に繋がっていく。一人では出来ることではないが、オジサンもまだまだ夢を追いかけるのだ。

 少し前進した目標もあるけど、気持ちが途切れないように、いつもの如く目標をまた記しておこう。

今後の目標

・  日本の極地(北極)研究者の方たちの観測支援ができるように、民間支援体制を作る。

・  グリーンランド極北、カナダ極北にそれぞれ、日本の観測拠点を設営する(設営費用は民間団体・企業等からの賛助金、支援金等の獲得を目指す)。

・  エスキモー民族(グリーンランド)と日本の交流(姉妹都市や友好都市といった)の橋渡し、促進。

・  エスキモー文化(犬ぞりなど)の継承。

 この地方への週一便の定期便で、5月11日(水)にカナックを離れたあと、5月14日(土)に帰国予定です。

写真上:海氷が流失し続ける、シオラパルク村があるフィヨルド。

写真下:胴バンドを外して、今シーズンの仕事を終えたワンコたち。

201605071

5月1日(日)シオラパルク 曇り

 シオラパルクも5月を迎えた。村に戻って以来、帰国に向けてバタバタと後片付けをしている。この地方への少ない定期便の都合で、帰国は5月14日を予定しています。

写真:4月の観測サポートは、こんな感じでした。ワンコたちもしっかりサポートに参加。

20160501

↑このページのトップヘ