山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2016年09月

 昨夜から名古屋入り。今日は名古屋大学での「雪氷研究大会」において、話をする時間を頂きました。お題は与えられていたのですが、研究者の皆さんの前で大胆にも「グリーンランドでの社会・環境変化と、観測と研究のための兵站戦略 ~北極域の観測、研究のための、1民間機関からの提言~」という内容で話をさせて頂きました。普段の講演とは内容が全く違うので、昨夜は眠れぬ夜(笑)。日本の北極観測を民間側からも「設営」の視点から次の世代へ、そしてさらにその先に繋げていくために、盛り上げていきたいです。

10月1日まで学会は続きますが、雪氷研究大会の関係者の皆さま、話をさせて頂く機会を頂いてありがとうございました。感謝しております。

 本日、「京都ビルヂング協会」総会にて、講演をさせて頂きました。福井に続いて華やかな場での講演でした。懇親会にも出席させて頂きました。関係者の皆さま、お声掛け頂いて感謝しております。ありがとうございました!

20160923

 9月23日は福井県小浜で「小浜法人会」の研修会にて講演をさせて頂きました。若狭は僕のふるさと。和田小学校時代の同級生が取り計らってくれ実現した講演でした。久し振りに故郷に帰ることができて嬉しかった。懇親会も楽しかったです。関係者の皆さま、華やかな場をありがとうございました。久々に見る若狭の海には心が洗われました。

写真:会場の様子。

201609193

 9月17~18日にかけて、(一社)北極観測支援機構 一周年お披露目会が横浜ベイサイドマリーナで行われました。

(一社)北極観測支援機構 → http://arcticlogistics.tokyo/

 僕も理事として参加させて頂いてますが、民間がどれくらい北極観測に関わっていけるか(支援をできるか)、一つの挑戦です。

 最近は子供たちの前で話をさせて頂くことも多いです。7月から8月に開催した展示会の中では、こんな記事も掲載して頂きました。 ※画像をクリックすると拡大表示されます

201609191_2

 

↑このページのトップヘ