山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2017年03月

3月30(木)シオラパルク 晴れのち薄曇り -22.3℃ 
20170330(ブログ用)-1

 

 さて、3月が終ろうとしている。このあとの予定だが、滞在ビザの関係で、予定通りだと426日(水)か28日(金)の定期ヘリコプター便で、シオラパルクを離れないといけない。5月~6月中旬にかけて、日本からの観測調査隊がこの地方に入ることになっており、サポートの打診を受けているが、ただいまデンマーク政府に滞在ビザ延長の申請をしているところだ。昨年あたりから、3ヶ月以上のグリーンランド滞在の規制が厳しくなっている。すでに3ヶ月延長して、180日の滞在ビザをもらっているので、許可が下りなかったら、5月上旬の帰国となり、許可が下りたら観測サポート後、6月中旬頃の帰国となる。

そんな感じで、どちらにしろ大きく動けない状況で、シオラパルク周辺を4月中旬頃まで犬ぞりで活動し、それ以降は後片付けに入らないといけない。

56月に日本で講演の依頼も幾つか受けていたのですが、予定を入れることが出来ず、申しわけありませんでした。ぜひまた声をお掛け下さい。

 

写真:今日の犬ぞり。


20170330(ブログ用)-2

3月28(火)シオラパルク 曇り -18.7℃ 
20170328(ブログ用)-1
 
 前脚を故障していたベテラン犬の「ヒャカ」のリハビリを兼ねて、少しだけ犬ぞりを走らせようと思ったら、あまりにも海氷の状態がいいので、シオラパルクから北のほうへ30kmほど離れた、Neqe(ネケッ)と呼ばれている場所まで足を延ばしてしまった。「ヒャカ」も重症ではなかったのか、どうやら回復した様子で、快調に走っていた。
 
Neqeまでこの時期に、気持ちよく犬ぞりを走らせることが出来るシーズンは、久しぶりだな。ここ何年も、もうこの時期には海氷が流失していることが多かったからなあ。

写真上:今は朽ち果ててしまった、Neqeの狩猟小屋。
写真下:薄っすらとハローが。
20170328(ブログ用)-2

3月26日(日)シオラパルク 曇り一時晴れ -21.1℃ 
 どうやら今日からサマータイムらしい。犬ぞりで出て、村に戻ってから気付いた。時計が1時間進んで、日本との時差は11時間遅れ。 

 「タコリリ」。「蝶々がいる」。という意味になるんだけど、何に使われるかって??面白い表現だよねえ(笑)ワンコの目の上の、蝶々模様のことを、こちらでは「タコリリ(蝶々がいる)」と表現するそうな(笑)

写真:僕のチームの「タコリリ」たち。
20170326(ブログ用)

3月24日(金)シオラパルク 晴れ -21.6℃ 
 23日から地吹雪となっていたが、今朝早くに風はおさまり快晴となった。犬ぞりで海氷測定に出かける。シオラパルクのフィヨルド内に5ヶ所、定点の目印棒を立てていて、定期的に海氷測定をしている。今日の測定点(フィヨルド内ではこの冬一番新しい氷の場所)では、海氷がほぼ1mの厚さになっていた。この2月~3月中旬は、久々に昔のシオラパルクらしい冷え込みだった気がする。ここにきて、なんだか周辺の海氷が安定している。「地球はもう温暖化していない」という説があるが、信じたいところだ。僕が犬ぞり現役のうちに、もうひと冷え込みして欲しいなあ(笑)
20170324(ブログ用)-1

今日は5頭のワンコたちと出かけてきた。足の凍傷から復帰した8月生まれの「銀河」も絶好調だ。「アーベェ」亡きあとの若きリーダー犬「コテツ」君も、先日の小旅行で見違えるほど号令の聞き分けが良くなってきた。今日から「銀河」を「コテツ」のすぐ後ろで走らせ始めた。とりあえずサブリーダーのポジション。まだ号令の聞き分けはダメで、ひたすら前に引っ張り続けるだけだけど(笑)、リーダー犬になれそうな雰囲気を持っている。「コテツ」のいい相棒になれば。

写真上:定点の目印棒と犬ぞり。
写真下:「コテツ」(左)と「銀河」。
20170324(ブログ用)-2


323日(木)シオラパルク 晴れ、強風(高い地吹雪を伴う)-19.7

 ベテラン犬の「ヒャカ」が、今回の小旅行中、2日目から前脚の調子が悪いみたいで、橇に繋いだり、フリーにしてやったり、ケアしながら走らせていたが、どうやら肩甲骨のところに気泡が溜まり、前脚が棒のようになって痛む症状のようだ。重い荷物を引っ張ったり、胴バンドのサイズが合ってなかったりなど、圧倒的に若いソリ曳き犬に多く出る症状とのことだが、ベテラン犬でも出ることがあるらしい。ここのエスキモーの言葉で「キャヒッドァットゥ(肩甲骨が悪い)」と言う。

こういう時、獣医がいないこの場所では、飼い主自ら処置をほどこしてやる。背の肩甲骨の間の毛を刈り、ナイフで45cmほど縦に皮を切ってやることで気泡が抜け、症状が改善する。以前に若いワンコが、走行中にバタリと倒れて急に走れなくなった。その時にエスキモー猟師から教わった。処置のあと、見事に回復したのだ。

ということで、その時の症状と似ていて、両前脚を触ってやると痛がるので処置をしてみることに。しばらく様子を見てみよう。まだまだ走れる年齢なので、回復してくれよ。

 

写真:「ヒャカ」の肩甲骨の間をナイフで切って、オペしてやる。

20170323(ブログ用)-3

3月22日(水)シオラパルク 晴れ -32.2℃  
20170322(ブログ用)-1

 太陽が隠れている時の気温は、まだ冷え込んだりするが、昇っている時間帯が長くなり、すっかり日射が暑く感じられ、防寒対策が楽な季節となった。もう冬は終わった。 3月18~21日にかけて、11頭のオス犬たちと一緒に、120~130kmほど離れたケケッタの村へ、犬ぞりを走らせてきた。天気も悪くなく、4日間でシオラパルク村に戻って来ることができた。これは毎年、太陽が昇らない極夜の1月か2月に、テントを張りながらする小旅行なのだが、今になってしまった。連日で長距離を走ってみると、そのシーズンのワンコたちの調子もよく把握できる。やや不調気味のワンコもいるが、よく走ってくれた。僕自身のコンディションの確認の意味合いもある(いい歳になってしまったので・・(笑))
ケケッタ村は15~20人の小さな村だが、殆どが出払っており、仲のいいアグチンギア家族は村にいて、再会を楽しめた。

写真上:飲食用の氷山氷が近くにあった場所にテントを張る。右奥がケケッタ村。
写真下:雪で視程が不良の中、犬ぞりを走らせる。
20170322(ブログ用)-2

 3月14日(火)シオラパルク 晴れのち曇り -28.4

 今朝の月・・。

20170314(ブログ用)-1

 

 東京・板橋区にある「植村直己記念財団・植村直己冒険館」の内藤さんが、一週間の予定でシオラパルク村を訪問中。シオラパルク村は植村直己さんにとっても故郷である村。今日は内藤さんと、フィヨルド奥にあるVerhoeff氷河まで、犬ぞりで出かけてきた。内藤さんは明日、帰国の途につかれます。

 

写真上:今朝の月。

写真下:Verhoeff氷河下でのワンコたち。

20170314(ブログ用)-2



312日(日)シオラパルク 晴れ -30.4

 快晴が続いている。今日は氷河で、ワンコたちの登りのレッスン。

20170312(ブログ用)

3月10日(金)シオラパルク 晴れ -30.2

20170310(ブログ用)-2

 久々の快晴。今日の夕方は、白い月が・・。


写真上:今日の白い月。

写真下:どんどん身体が大きくなる、タロ(左)&レオ兄弟。
20170310(ブログ用)




















3月9日(木)シオラパルク 晴れのち薄曇り -35.1
20170309(ブログ用) 太陽が戻ってから、放射冷却の一番寒い時季らしく、近年の中では、いい感じで冷え込みが続いている。寒さでこの数日はアイスフォグ状態。中旬頃から、そろそろ気温が緩み始めることと思う。

11頭のオス犬たちと犬ぞりを走らせてきた。凍傷で左前脚をやられていた「銀河」も、回復具合を見るために連れて行く。スピードが出るとまだ痛みが残っているのか、遅れがちになる。もう少しの間、無理せず少しずつ走らせていく必要がありそう。

 この冬シオラパルク村は、白熊の当たり年だ。元旦に村に現れて、エスキモー猟師に撃ちとられたのを最初に、2日前(37日)に村の西沖合に現れた白熊が撃ちとられ、そして今日もまた白熊が撃ちとられた。年間このエリアで狩猟許可されている7頭のうちの、すでに3頭がシオラパルク近辺で獲られたことになる。

 

写真:今日の犬ぞり。


3月8日(水)シオラパルク 薄曇り -34.9℃

 これまで利用していたeoblogが、3月31日をもってブログサービスを終了するので、ただいまlivedoorブログに移設中です。
20170308(ブログ用)



3月1日(水)シオラパルク 曇り -23.9℃

 ブログ更新の間隔が開いてしまった。色々とあった。

まずは、ブリザードが止み2月23日に、北の方へ極夜の単独徒歩探検に出かけていた、友人の角ちゃん(角幡唯介さん)が約3ヶ月ぶりにシオラパルクに帰還した。顔面はこのブリザード中にやられた凍傷がひどいが、元気な姿にホッとした。ほんとに角ちゃんは超人だ(笑)村に戻ってからは僕の家に一緒にいて、間もなく帰国の途に・・。

 

そして次に悪い知らせあり。今年10歳のリーダー犬「アーベェ」が老衰で亡くなってしまったこと。また立て続けに不運は起るもので、ベテラン犬「アッロ」(6歳)もアクシデントで亡くなってしまったこと・・。この2頭の死で、チームの戦力がガクッと落ち込んだ。

あとこれは良い知らせ。先日のブログでも報告した「銀河」の左前脚の凍傷は、思ったよりは軽かったようで、間もなく戦列復帰できそうな気配。「タロ&レオ」合わせて3頭の新鋭に、今後(来シーズン以降)は期待を掛けることになる。

 

もう一つ。グリーンランドでインフルエンザが猛威を振るっていて、このアバンナッソア地方も例外ではなく、隣り町カナックからシオラパルク村にも持ち込まれ、村中で蔓延。僕も2月24~26日かけて身体が気怠く動かず、寝込んでしまった。持参の薬品を飲んで処置し、ようやく犬ぞりを出したり、普通に動けるようになってきた。

と、こんな感じの約1週間でした。いいことも悪いこともあったけど、全体的には、可愛がっていた2頭のワンコの死が、沈んでいる気分のほうを半分以上に占めさせているかな。

このあと3月15日までに、別々に2組の日本の方がシオラパルク村を訪れることになっていて、受け入れを頼まれています。

写真:イグルーを作る「カガヤ」。(2月27日に、角ちゃんと共にイグルー作りのレクチャーを受ける)

201703013_2

↑このページのトップヘ