山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2017年06月

 617日(土)に帰国して、一週間が過ぎた。日曜日はのんびりして、翌日からは体調を整えるためにランニングを始めた。雪と氷の上にいるのとは違って、使う筋肉も違い、脚がガチガチ中(笑)事務仕事やこの後の予定の打ち合わせなどもあり、あっという間に週末を迎えた。

先週末の24日(土)は、家族で鳴門海峡の「渦潮」を見に出かけた。ドライブも兼ね、明石海峡大橋を渡り、淡路島を縦断しがてら淡路牧場で牛と馬を見て、ソフトクリームを食べて、お昼前に大鳴門橋を渡り徳島側へ。午後過ぎの観光船に乗り込んで、渦潮を見に行ってきたのだった。

それにしても、子供たちはさらにパワーアップ。それにちゃんと付いて行くカミサンのタフさにも感心してしまう。アミューズメント系がもともと苦手な僕は(東京ディズニーランドさえ行ったことが無い)、夕方に帰宅した頃にはヘロヘロだった。犬ぞりよりも疲労困憊なのであった・・(笑)

そのまま本日26日は、年に一度の健診の日だった。

 

写真:624日に見た、鳴門の渦潮。

20170626(ブログ用)


615日(木) イルリサット 曇り、 カギャッダッソア 晴れ

 614日にカナックを離れ、帰国の途についた。17日に日本帰国だ。

 気持ちはすでに、日本滞在中にぎっしり詰まっている11月初旬までの国内での活動のこと、また来シーズンの北極活動に向かっている。

20170615(ブログ用)-2

来シーズンは研究者の友人と共に、犬ぞりを駆使して、グリーンランド内陸氷床での観測計画があり、それに向けて燃料やドックフード等のデポの準備をすることが出来た。とても楽しみにしている。

 

写真:グリーンランド内陸氷床に設置した、燃料やドックフードなどのデポ地。

 6月11日(日) カナック 曇り
20170611(ブログ用)-1

 隣り村、シオラパルクの大島さんが、日本からの観測調査の皆さんへ、地域で獲れた食糧を送って下さった。「アッパリアス(水鳥の一種)」、「キビヤック(アッパリアスを発酵させた珍味)」、「イカルッ(北極イワナ)」、「イカルッの燻製」、「白熊の肉」、「トナカイの肉」などなど盛りだくさんだ。
今日は獲れたての「アッパリアス」を、羽根が付いたまま塩茹でにするという、スタンダードな調理法で御馳走になった。こちらでは「アミリ」と呼ばれる食べ方だ。ちなみに「アミリ」の意味は「羽根が付いている」で、単純な料理名(笑)
大島さん、ありがとうございます。皆さん喜んでくれています。

写真上:「アッパリアス」を塩茹でにした「アミリ」。
写真下:「アミリ」を食べる研究者の皆さん。
20170611(ブログ用)-5



 6月7日(水)  カナック 曇り
20170607(ブログ用)

 5月22日からグリーンランド内陸氷床へ、日本隊の観測サポートに入っていた。予定の観測調査を終えて、無事に昨日の夕方(6月6日)カナックへと戻って来た。ヘリコプターをチャーターして観測地へアプローチするという、大掛かりな観測調査だったが、僕に求められたサポートは出来たのではと思う。来週14日(水)に僕は帰国の途へと付くが、7月まで日本隊の観測調査は続く。

写真:SIGMA-A地点で自動気象計をバックに、研究者の皆さんと。

↑このページのトップヘ