山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2017年12月

2017年12月27日(水) シオラパルク 晴れ -25.7℃
20171227(ブログ用)

 気持ちいいくらい快晴。冬至が過ぎて日に日に南の空が明るくなり始めた。今日のシオラパルク村付近から、天空の写真です(上が北)。

20171226日(火) シオラパルク 晴れ -24.8

 シオラパルク村でもクリスマスが過ぎた。定期ヘリコプター便がキャンセル続きで、クリスマス休暇前に、郵便小包を全部運びきれなかったそうだ。村の人たちに届くはずのクリスマスプレゼントも、隣りのカナックの町で止まってるみたいで、その影響か?この冬の村の集まりは、年が明けて13日だそうだ。

20171226(ブログ用)-1

今年から、極夜中の月が出ていない時と、空に雲が掛かっている時は、飛行したらダメだとか、デンマークから規制が入ったとか。3分の1の確率もないような気が・・(笑)これまで事故なく運航されていたんだけど?
20171226(ブログ用)-2

それでもクリスマスは、僕もあちこちの家から声を掛けてもらい、ご馳走になり楽しませてもらった。村はどちらかというと休暇モードで、年が明けるまでこんな感じなのかな。今日は朝から犬たちを走らせてきた。

20171226(ブログ用)-3
 

写真上:積み重なるように眠る仔犬たち。

写真中:家の中に入ろうかどうかと迷う仔犬たち。

写真下:すっかりヨチヨチと歩くようになった仔犬たち。

2017年12月21日(木) シオラパルク 晴れ一時曇り -20.9℃
 11月20日にシオラパルク入りして以来、週に2便あるヘリコプター定期便がキャンセル続きで、この1ヶ月の内に1回だか2回くらいしか飛んで来ていなかった。昨日12月20日にようやく久しぶりに定期便が村にやって来た。クリスマス休暇に村に戻って来る人たちが、ずっとフライトを待ち続けていて、珍しく2便もフライトがあった。ひと時、村の人口が増える期間だ。
20171221(ブログ用)-1

 そろそろかと思い仔犬たちに、ドックフードをお湯でふやかして与えてみた。ガツガツとまではいかないが、舐めるように食べ始めた。
20171221(ブログ用)-2

写真上:リッカ親子。
写真下:離乳食を食べ始めた仔犬たち。

20171218日(月) シオラパルク 晴れ、曇り -21.0

 

 何かとあって、ブログ更新がまたしばらく開いてしまった。暖かかった気温も、昨日あたりからマイナス20℃を下回って、冷え込み始めた。指のあかぎれがひどく、寒さにズキズキ沁みる。

20171218(ブログ用)-1
 

明るい話題を。ワンコブログになってしまってますが・・。

何日か前に、仔犬たちの目も開き、ヨチヨチと歩き始めている。生後20日ほどであっという間に身体も3倍くらい?になった。人間も大人になるまでの成長がこれくらい早かったらどうだろう?(笑)

20171218(ブログ用)-2
 

写真上:目が開いた仔犬たち。

写真下:母乳を飲む仔犬たち。


 2017年12月10日(日) シオラパルク 曇りのち雪 -7.8℃

 この数日は、±0.0℃前後の気温が続いた。少し体を動かすと汗が噴き出て来る。
20171210(ブログ用)-1

毎シーズン日課はだいたい決まっていて、それら作業をしながら、坦々と毎日が過ぎていく。5月上旬に帰国するまでの、この冬の滞在期間中の予定はすでに決まっていて、特に4月には日本からの研究者の方と共に、グリーンランド内陸部へ3週間ほど、犬ぞりで観測調査をすることになっているので、それに合わせて準備を進めていくことになる。
極夜中は犬たちの体調を整え、チームを仕上げていくこと。太陽が戻り十分に明るくなる2月下旬以降は、登坂する氷河のルート工作(目印旗を立てる)と荷揚げなど、研究者チームと合流するまでに済ませなければならない。

また、帰国後の日本国内での取り組み、活動のことも今からちゃんと準備を進めていかないといけない。そんな感じで、頭の中はグルグルと色んなことが回っている。

今は仔犬がいてくれるのが、いい気分転換。
20171210(ブログ用)-2

写真上:海氷の厚さを測定する風景。
写真下:どんどん大きくなる仔犬と(今日は2匹だけ)。まだ目は開かない。

 2017年12月7日(木) シオラパルク 晴れ -15.4℃
20171207(ブログ用)-1
写真上:12月7日早朝の月明かりの下で。今日は海氷データ収集作業なしのフリー走行。
20171207(ブログ用)-2
写真中:メス犬「リッカ」の子育て中の様子。家の前室に犬小屋を置いてあげた。
20171207(ブログ用)-3
写真下:生後11日目。日に日に大きくなっていく。そろそろ目を開く頃か?

 2017年12月3日(日) シオラパルク 曇り時々雪 -3.0℃
 気付いたらもう師走。ブログの更新も一週間しないままになっていた。簡単にこの一週間の報告。
 20日にシオラパルク村に到着して、ワンコたちと再会すると、メス犬の「リッカ」がお腹を大きくしている状態だった。他の作業と並行して、お産の準備をしていた。こちらの家は室内の保温を高めるために2重ドアになっていて、前室がある。そこに入る大きさの犬小屋を作ってやったり、下に敷いてやる枯れ草を取りにいったりして態勢が整うと、28日夕方からお産が始まり、翌29日朝までかかって無事終えた。全部で5匹の仔犬が今のところ順調に育っている(全部で9匹産んだが、4匹は残念ながら生きれず)。オスが1匹とメスが4匹。気候が厳しい季節なので、育たないこともよくある。何とか育ってくれますように!
20171203(ブログ用)-1

 夏に鈍ってしまったワンコたちの、体力回復トレーニングも調子よく、今日から6頭の犬たちをグループにして走り始 めた。この冬は今のところ海氷が順調に発達していて、数日前に村の前の海氷を測定したところ、すでに45cmほどの厚さになっていた。早々に犬ぞりで、隣り町のカナックまで出かけた住民もいる。この早い時期に行けるのは、ほんとに随分と久しぶりのことだ。このまま強いブリザードなければ、定着してくれるかもしれない。そうそう、数日前に気温がプラス4℃くらいまで跳ね上がり、雨がわずかに降った。
20171203(ブログ用)-2

 村はこの冬の人口は40人ほど。小学校の先生が新たに家族でカナックからやってきたり、南の町から戻って来た家族がいたりとか、昨シーズンより少し増えている。もっとも5~10人くらいの変動は、しょっちゅうあるのだけど‥。子供たちは相変わらず、入れ替わりで悪さをしに(笑)遊びにやって来る。
20171203(ブログ用)-3

写真上:仔犬を産んだ、メス犬の「リッカ」。
写真中:今日から6頭に増やしてトレーニング。満月が雲に隠れているとはいえ、周囲はいくらか明るい。後ろの灯りはシオラパルク村。※写真を少し明るく編集しています。
写真下:家に遊びに来る子供たち。

↑このページのトップヘ