山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2018年04月

2018年4月19日(木) シオラパルク 晴れ -24.4℃
 内陸氷床での観測サポートを終え、18日にシオラパルクに無事帰着。

今回の「SIGMA-Traverse 2018」と称された観測調査は、シオラパルク村からMeehan氷河を登坂し、グリーンランド内陸氷床にある、日本の研究者チームが設置している自動気象計「SIGMA-A」地点へ(SIGMAホームページ→ http://www.mri-jma.go.jp/Dep/ph/ph3/sigma/sigma-member-j.html )、犬ぞりを移動手段として、観測調査を続けながら往復する、という計画でした。今シーズンは、若き研究者である庭野さんが「SIGMA-Traverse 2018」計画を立案し、山口さんとの観測調査をサポートした形でした。
20180420(ブログ用)

この「SIGMA-Traverse 2018」にあたっては、庭野さんが以前にグリーンランド南端の町、ナルサスアックにある、冒険家植村直己さんの記念碑を見たことが、立案のきっかけになったということです。そう言えば、植村直己さんがグリーンランド内陸氷床を犬ぞりで縦断して、40年が経過しました。研究者のお二人は、10年後にはさらに広域で観測調査を考えたいとのこと。それまでには犬ぞりも活動手段の一つとして加えながら、観測調査をやって行きたいとのことです。僕も犬たちを操る体力を維持しつつ、10年後のビックプランに備えたいと思います。
20180420(ブログ用)-2

久々に存分に犬ぞりを楽しめました(笑)。今回の犬ぞりを利用しての観測調査は、個人的には植村直己さんに捧げたいと思います。

写真:庭野さん、山口さんと。

2018年4月4日(水) シオラパルク 地吹雪(上空は晴れ) -13.6℃
 登坂のMeehan氷河から内陸にかけての地吹雪が止まず、シオラパルクでの待機が続いている。シオラパルクから内陸部を目視して、2日早朝から雪煙が舞い上がっている。今朝からは、シオラパルクにも地吹雪が下りて来た。明日くらいまで続く予報で、内陸に出かけるのは早くて6日の予定。
20180404(ブログ用)

写真:地吹雪が続いている。

2018年4月1日(日) シオラパルク 雪のち晴れ -24.3℃
 冷え込みが峠を越えたようで、こちらも春の気配。

 明日4月2日から20日過ぎ頃まで、観測チームのサポートで、犬ぞりで内陸氷床に出かける予定になっています。

次回のブログの更新は、シオラパルク村に戻ってからになります。

↑このページのトップヘ