山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2019年02月

2019年2月18日(月) シオラパルク 地吹雪(上空は晴れ) -15.3℃
 昨夜から強烈な地吹雪。今日も止むことなく吹き荒んでいる。
  2月に入りマッハングアが、生後5ヶ月を過ぎた仔犬の兄弟犬を譲ってくれることになった。名前は兄弟とも「ナノッ」(ホッキョクグマの意味)と名付いていたが、紛らわしいので、毛が白いほうはそのまま「ナノッ」として、毛が黒いほうは「クマ」と呼び分けることに。
20190218(ブログ用)-1

引きとってしばらくは、家の横に繋留して懐いたあと、チームの繋留場所へ移動させ、犬ぞりレッスンを開始した。レッスンを始めるのが、早ければ早いほど、癖なく覚えていく。生後まもなく9ヶ月の「クンミッ」共に、まだ身体が出来上がっていないので、来シーズンの戦力だ。仔犬がそり曳き犬に育っていく姿を見るのは楽しい。

写真上:「ナノッ」&「クマ」兄弟。
写真下:犬ぞりレッスン中の「ナノッ」&「クマ」。
20190218(ブログ用)-3

2019217日(日) シオラパルク 晴れ(低い地吹雪を伴う) -24.9

20190217(ブログ用)-2

 昨日16日、南のケケッタハー島の向こうに、半分ほど太陽が顔を出した。ようやく太陽が戻って来た。そして今日17日の午後には、極夜明けのお祝いがあり、角ちゃんと参加。太陽が戻るとやっぱり皆の表情が明るい。

 

写真上:南の空に太陽が戻った。

写真下:村の人たちが集まり、極夜明けのお祝い。ゲームをしたりして楽しんだ。

20190217(ブログ用)-3

2019年2月10日(日) シオラパルク 晴れ -21.7℃
20190210(ブログ用)

 スミス海峡から南へ抜ける強風が何日も続き、その影響で昨日、沖合の海氷が割れた。シオラパルクから、南~西にかけての沖合の開水部で、蒸気雲がどんよりと立ち込めている。こちらではこの蒸気雲を「カニッチョッ」と呼んでいる。

写真上:沖合に立ち込める「カニッチョッ」
20190210(ブログ用)-2

2019年2月6日(水) シオラパルク 晴れ -28.7℃
20190206(ブログ用)-2

 生後40日を過ぎ、一回目の混合ワクチン予防接種を受けさせてやれた。昨シーズンは、3ヶ月を過ぎないと受けれない、などと訳の分からない規定に縛られ、ワクチンがあったにも関わらず、受けさせてもらえなかったが、今年はワクチン代金を支払うことで解決できた。自治政府の体制が変わりやすいので、色んなレギュレーションが、コロコロ変わる。
ここには家族も相棒もいないので、ワンコたちのことも、活動のことも、生活のことも全部自分一人でやらないといけないのは、時間的にもすごく負担。好きでやってるから、不満は言えないとはいえ、こちらの人たちは少なくとも、家族や身内で生活のことはカバーし合っているから羨ましい。何かお願いするにしてもgive and takeが発生して(金銭的な)、何かとややこしいのだ。
昨シーズンの仔犬たちは悲惨だったけど、今シーズンも何とか仔犬たちに生きて欲しいから、テント泊に出かけることなく、海氷の状態がいい12月からこれまで、村に釘づけでいる。隣り町のカナックでは、犬の伝染病が蔓延しているらしく、うかつに仔犬を連れて行けないなあ。

写真:大型犬のエスキモー犬は、こんな感じで抱いてやれるのは今だけ(笑)。何とか生きてくれよ。
20190206(ブログ用)

2019年2月3日(日) シオラパルク 晴れ -28.1℃
20190203(ブログ用)-1

 この3日ほど、快晴が続いている。気温もいい感じで冷え込んでいて、今日の海氷上では、手持ちの温度計でマイナス30.5℃。
20190203(ブログ用)-2

写真:カギャ岬にて、海氷測定。

↑このページのトップヘ