山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2020年01月

 2020年1月17日(金) シオラパルク 晴れ マイナス26.6℃
 金星が南の空に、赤く輝いている。
20200117(ブログ用)-1

こちらでは金星のことを「ナーリヒャット」と言う。こんな感じで南の空に赤く輝く金星は、こちらでは縁起がいいそうだ。

写真:夕方5時頃、南の空に赤く輝く金星。

 2020年1月12日(日) シオラパルク 薄曇り マイナス22.3℃
 月が明るく、太陽の代わりをしてくれるで、朝7時頃に犬ぞりを出す。

 高緯度地域では、空を真上に見上げると、北斗七星がすぐに目につくので、北極星も見つけやすいです。
20200212(ブログ用)

写真:今朝AM8:30頃の天空(上が北)。N77°44′、W70°45′付近の海氷上より。

 2020年1月8日(水) シオラパルク 曇りのち雪 マイナス21.8℃
 年が明けて、もう8日。なんだかんだと作業をしてたら、ブログが滞ってしまった。年末から、この時期では珍しく寒波となり、マイナス30~35℃くらいの気温が一週間ほど続いた。
 そんな中、元旦には犬ぞり走り初めをしたが、少し強めの風が加わり、新年早々に、いきなり顔面凍傷となった(笑)。
 犬たちを走らせることも兼ねて、海氷のデータも坦々と収集している。今シーズンは12月中旬に一度、ブリザードで海氷が流失してしまったので、シオラパルク前のフィヨルド内は、まだ35~40cmと氷の厚さは薄い。 ワンコも僕も元気でやっています。
20200108(ブログ用)

写真:今日の海氷測定にて(実際はもっと暗いです)。

2020年1月1日(水) シオラパルク 雪 マイナス28.6℃
 旧年中はありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。皆さまにとって、よい2020年になりますように。
20200101(ブログ用)

今年も世界最北の先住民族の村、シオラパルクで新しい年を迎えました。目標を達成できるように、マイペースで、変わらず取り組んでいきます。

↑このページのトップヘ