山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2020年02月

2020年2月19日(水) シオラパルク 晴れ マイナス23.2℃
 快晴!太陽が戻って来た。北緯77度47分に位置するシオラパルクは、10月中旬頃から、延々と極夜が続く。4ヶ月ぶりに太陽が顔を出した。

写真:戻って来た太陽。
20200219(ブログ用)

2020年2月17日(月) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス20.5℃
 2月13日から14日にかけて、強烈なブリザードが吹き荒れ、シオラパルク村から沖合い15~20kmほどで、海氷が流失した。そのあとさらに、波のうねりが海氷を崩壊させて、15~16日にかけては、村から沖合い5kmほどまで海氷が流失。
20200217(ブログ用)-1

 今日17日、対岸のカギャ岬まで犬ぞりを走らせて、海氷の偵察に行ってきた。
20200217(ブログ用)-2

 開水の影響か、どんよりとした雲が、海上空には広がっている。ほんとなら今日、極夜が明けて、久々の太陽が顔を出すはずだったのに・・。残念。
20200217(ブログ用)-3

写真上:シオラパルクの裏山からカギャ岬を望む。黒く海水部が見える。
写真中と下:カギャ岬にて。

2020年2月9日(日) シオラパルク 曇りのち晴れ マイナス28.0℃
 このところ、マイナス30℃以下の気温が続いていたので、今日は暖かく感じた。

 今シーズンは0.5歳から1.5歳のワンコたちが全部で7頭いて、5頭がオス犬、2頭がメス犬。夏期の留守中に、3頭の働き盛りのオス犬を死なされてしまったので、殆どNewチームといった感じだ。
 1.5歳を過ぎたナノッ&クマ兄弟は、昨シーズン生後6ヶ月目頃から、橇を曳くのは覚えさせていた。だからすんなりと今シーズン、本格的な犬ぞりデビューとなった。
 1歳を過ぎたガイ♂は昨シーズン、生後3ヶ月を過ぎた頃から母犬と一緒に、橇には繋がず、走ることだけは訓練していたので、今回犬ぞりを繰り返すうちに、すっかり橇を曳けるようになった。今や堂々たる橇曳き犬だ。
 夏に生まれたハッサク&ミカン兄弟は、生後6ヶ月からの犬ぞり訓練となり、最初はかなり戸惑っていたが、年が明けてから反復するうちに、どうやら最近になって、犬橇のパターンを覚え、いい感じでチームに加わってくれた。あとはみんな、長距離を走らせ、体力をつけていくことになる。
 ガイと兄妹のミラン、ハッサク&ミカンの兄妹のコナツは、まだ犬ぞり訓練を始めていないが、メス犬は意外とすんなり溶け込んでくれるので、心配していない。
僕の感覚では、生後3ヶ月を過ぎた頃から犬ぞりレッスンを始めるのが、一番スムーズだ。
20200209(ブログ用)-1

 新しいワンコたちを合わせ、今日ようやく全13頭のオス犬で走ることができた。極夜明け前を目標にしていた。やっぱり十数頭での犬ぞりは、爽快だ!若い時に僕が、犬ぞりをやりたい、と思ったきっかけは、当時エスキモー猟師が十頭以上で走らせる、犬ぞりのダイナミックさに感動したからだった。あちこちでそんな犬ぞりが走っていた。時代と共に今は、犬ぞりの規模が縮小される一方だ。寂しい。エスキモーと呼べる人たちも、もういなくなってきた。
 僕の一世代後では、角ちゃん(角幡唯介さん)がエスキモースタイルの犬ぞりを始めてくれたので、もう一世代、若い世代で誰か日本から犬ぞりを始めてくれないか、と待っている。植村直己さん、大島育雄さんの時代から、なんとか続いている伝統だ。
満月が空に転がる中、気持ちよく走ってきた。あと一週間ほどで極夜が明け、太陽が戻って来る。
20200209(ブログ用)-2

写真:今日の犬橇にて。

2020年2月4日(火) シオラパルク 晴れ マイナス33.9℃
 今年に入って、時間の合間に製作していた「ニオガヤ」(エスキモーのアザラシの毛皮の防寒靴)が、ようやく完成。昨シーズン製作しようと思っていたけど、手が間に合わなかった。
靴底は通常、アザラシの厚い革を使うが、擦り減りやすいので、長持ちするように、市販されている極地用防寒靴の、耐寒樹脂ソールを切り取って縫い合わせた。
今日さっそく犬ぞりで使った。いい感じ。
20200204(ブログ用)-5

 2020年2月3日(月) シオラパルク 晴れ マイナス30.3℃
 地元で応援して頂いているサッチンさんを通じて、童画家・徳治昭さんから、犬ぞりの絵が、自宅に届いたそうだ。原画は日本に帰国してから目にすることになるけど、写真がメールで届いた。
うわ~、いいなあ!徳さん、そのうちぜひジョイントを!

徳治昭さん→ https://ja-jp.facebook.com/tokudougakan
サッチンさん→ http://diary2.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/pound_cake/
20200203(ブログ用)

2020年2月2日(日) シオラパルク 晴れ マイナス31.8℃
 ブログがまたまた滞ってしまった。元気でやっています。
 クリスマスに海氷上に犬ぞりを乗り入れてから、9地点設置した海氷観測点を、1月中に2順目を終わらせるように、その他の作業と合わせて取り組んでいたが、1月31日に予定通り2順目が終了。極夜の環境下、いいペースだと思う。少し気分的に余裕が出来たが、3順目、4順目・・と続けていく。これからは明るくなるので、作業もしやすくなる。シオラパルク村からは近場だが、ワンコたちのいいトレーニングにもなっている。
20200202(ブログ用)

 今日は自分の時間で、10頭のワンコたちを連れて、50kmほど走り込んできた。生後半年~1歳半のワンコたちも、繰り返し犬ぞりのパターンを練習し続けて、ようやくいい感じで走れるようになってきた。

暖冬の日本を横目に、こちらは12月下旬以降、それなりに冷えこんでいて、この数日はマイナス30℃前後が続いている。暖かいじゃん、と言われそうだが、この地域は暖流の影響で、大陸性の気候の北極よりは比較的に暖かいのだ。太陽が戻ってくる2月が、一年の厳冬期になる。

写真:あと10日ほどで太陽が戻って来る。今日の犬橇にて。

↑このページのトップヘ