山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

北極圏の犬ぞり遠征をライフワークにしている山崎 哲秀のブログです。北極圏を犬ぞりで遠征し環境調査を行うアバンナットプロジェクトに取り組んでいます。このブログでは、遠征前は日本での準備や生活の様子、遠征中は、北極圏の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2020年05月

2020529日(金) イルリサット 曇り

 シオラパルク村に飛来したアッパリアスの、その後報告を忘れていた。

20200529(ブログ用)-1

 網を自作し、ようやく516に、大群で飛来したアッパリアスを獲りに出かけたまではよかったが、作った網の棒が重すぎて、振り回すことが出来ず。なんと1羽しか獲れなかったのだ。これはもう、お笑いの話のネタでしかなかった。若い頃に、初めて挑戦した時でさえ、二桁は獲れたのに(笑)

網の棒を手直しして、もう一度出かけたかったけど、帰国に向けての後片付けが慌ただしく、断念したのだった。

 

写真:飛来したアッパリアスと製作した網。

20200529(ブログ用)-2

2020年5月27日(水) カナック 晴れ
 5、6月の日本の研究者チームの観測調査が、来シーズンに延期となり、その後、帰国の準備を始めて、ようやく段取りが付いた。5月22日にシオラパルク村を後にした。
まだグリーンランド内にいるが、道中の航空機が数日前に変更されるなど、ほんとに帰国できるのか、まだ半信半疑な心境。
帰国することが、風当たりも強そうだが、昨年中から決まっている、日本国内での沢山の予定が、実施されるのか、延期されるのかもまだ決定されていなかったり、滞在資金面においでも、こちらでボーッとしているわけにはいかず、状況が許してくれない。

写真:ワンコたち、必ず戻って来るから、待っていてくれよ。
20200527(ブログ用)-3

2020年5月12日(火) シオラパルク 晴れ マイナス12.1℃
 すこぶる快晴。気象計のメンテナンスを終了。少しずつ、作業を終わらせている。
アッパリアスは5月10日に飛来したけれど、まだ下界には降りて来ない。
20200512(ブログ用)-3

2020年5月9日(土) シオラパルク 晴れ マイナス11.4℃
 気温がグンッと上がって来ると、家の中にどんどん「蠅(ハエ)」が発生する。冬季中も気温が高い日が続くと、暖かい部屋の中に、ハエが発生することがある。それがまたバカでかいのだ。

こんな北極の不思議が書かれている本があります。ぜひ!
「ふしぎな北極のせかい」リピックブック刊 → https://repicbook.com/gallery/hokkyoku/
20200509(ブログ用)

写真:家の中に発生したハエ。

2020年5月6日(水) シオラパルク 雪~吹雪 マイナス8.0℃
 5、6月の2か月間予定されていた、日本の研究者チームによる、グリーンランド南東部地方、内陸氷床での氷河掘削観測調査、SE-DOME Ice Core Drilling Project 2020が、Covid-19の影響で、来シーズンに延期することが正式に決まった。サポートに入ることになっていたが、今の情勢からはどうしようもない。
来シーズンに向いましょう!
SE-DOME Ice Core Drilling Project 2020 → SE-DOME Ice Core Drilling Project 2021
20200506(ブログ用)

さて僕は、帰国のことを考えないといけない。

↑このページのトップヘ