山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

グリーンランド北西部地方に古来から住む、エスキモー民族から伝承を受けた犬ぞりを操り、“アバンナット北極プロジェクト”に取り組む、山崎 哲秀のブログです。 このブログでは、北極遠征中や日本滞在中の活動の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2020年09月

2020924日(木) 奈良 曇り 

奈良シニア大学→ https://narasenior.net/にて講義をさせて頂きました。タイトルは「~犬ぞり探険家が見た!~ 最果ての北極の世界」でした。

Covid-19騒動中ですが、シニアの皆さまの表情が明るいことに、とても救われました。楽しかったです。話を聞いてくださった皆さま、奈良シニア大学関係者の皆さま、本日はありがとうございました!

97日から9日にかけて、来年56月実施予定のグリーンランド南東部地方での観測調査「SE-Dome アイスコア掘削計画」に向けての作戦会議に出席してきた。

20200910(ブログ用)

本来なら、今年の5月から6月にかけて実施されていたはずだったが、Covid-19騒動で研究者チームがグリーンランドに入国できず、来年に延期となった。来シーズンこそ!の想いを込めての会議だった。

20200910(ブログ用)-3

写真:掘削についての講義を受ける様子と集合写真。

↑このページのトップヘ