山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

グリーンランド北西部地方に古来から住む、エスキモー民族から伝承を受けた犬ぞりを操り、“アバンナット北極プロジェクト”に取り組む、山崎 哲秀のブログです。 このブログでは、北極遠征中や日本滞在中の活動の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2021年12月

0211227日(月) シオラパルク 晴れ マイナス14.3

 26日の夜は、シオラパルク村のクリスマス会が集会所であった。毎年恒例になっている。過疎が進んだ村だけど、クリスマスは一年を通じて一番の大イベントだ。

20211227(ブログ用)-4

 一夜明けて海氷観測に出る予定だったが、北風が7m/sを超えていたので、作業もやりにくく今日は中止に。明日はもう少し強まる予報で、次の狙い目は29日かな。

 

 今日のワンコは4兄妹の「ダイヤ1歳」。まだ、甘えん坊でそばに行くと身体を摺り寄せてきます(笑)。優しい気性のメス犬です。

まあ、どのワンコたちもメチャクチャ懐いているんですが(笑)

 

写真上:26日のクリスマス会の様子。

写真下:今シーズンのダイヤ。

20211227(ブログ用)-2

20211225日(土) シオラパルク 曇り マイナス16.2

 今日から犬ぞりでの海氷観測を再開。黒崎さんと出かけて来た。恐る恐る動いてみたが、どうやら腰は思いのほか調子がいい。良かった。

20211225(ブログ用)-3
 

 4兄妹の紹介が続く。今日は「ナイト(騎士)1歳」。意識して名前が付いたわけではないけど、とても無口で(笑)紳士なワンコなんです。4兄妹では一番落ち着いてるかも。

 

写真上:観測をする黒崎さん。

写真下:ナイト(騎士)、近影。

20211224(ブログ用)

20211223日(木) シオラパルク 晴れのち雪 朝プラス3.2℃、夕方マイナス4.4

やたらと暖かく、満月前後の潮汐も加えて、海氷にもかなり影響があると思われ、犬ぞりでは海氷上に乗り入れにくい状態が続いている。腰を痛めたのと重なり、ある意味では丁度よかった。休めということだったのだろう。

昨日あたりから、随分と腰の具合も回復してきた。前屈がまともにできなかったので、固まった筋肉をストレッチして伸ばしている。今夜あたりからまた冷え込み始めるようなので、25日を海氷データ収集の再開日に定めて、筋肉をほぐして準備することにしよう。

 

 今日のワンコは、昨日のウンマターファに続いて兄弟の「ミタットMedarttoq1歳」。

去年の1230日に生まれ、こちらで年末の恒例であるミタットMedarttoqと呼ばれている行事(ハロウィンのような仮装行事)に合わせて、ミタットと名付けた。顔が化粧で仮装しているように見えたから(笑)。兄弟では一番、気が強そうなワンコです。

20211223(ブログ用

20211222日(水) シオラパルク 晴れ マイナス6.1

 冬至を迎え、極夜が折り返しとなり、日に日にまた明るい時間帯が増えていく。的場さんと入れ替わるように、今日は、探険家でありノンフィクション作家である角ちゃん(角幡唯介さん)が、シオラパルク村に到着した。また賑やかなシーズンになりそうだ。

 

 今日もワンコ紹介。今シーズンの初めに、ブログでもチラッと紹介した4兄妹を改めて紹介。今月末に1歳となる。

まずは「ウンマターファ1歳」。エスキモー語の名前を付けたのだが、訳すと「ハート」。写真の顔を見ての通りです(笑)。今のところ、男3兄弟の中では、一番大人しい(兄弟げんかに弱い)ワンコです。でもクヨクヨはしてなく、メチャクチャ明るく元気。

20211222(ブログ用)

20211221日(火) シオラパルク 朝 みぞれ プラス4.6

 今朝7時過ぎ、手持ちの温度計での外気温が、なんとプラス4.6℃。北緯78度に近いシオラパルク村なのに、極北じゃない・・。

玄関のステップには、雪がとけて水が溜まっているのだった・・。

 

この時期でこんなに暑いの、記憶にないなあ・・。

 

写真:玄関のステップの雪がとけて、水浸し。

20211221(ブログ用)

20211218日(土) シオラパルク 晴れ時々曇り マイナス15.3

 的場さんが帰国して、今日は黒崎さんと二人で海氷データ収集に出かけてきた。

腰を痛めてしまった。座った体勢から立ち上がる時がつらい。シーズン始めに、よくやってしまう。作業しながら治していく感じかな・・。

20211219(ブログ用)-1
 

 今日のワンコは「ミカン(蜜柑)2歳半」

ハッサク同様に体が大きく、馬力あり。犬ぞりで出かけた時の作業中に、獲物に向かって唸る時のような鳴き声を出す癖があり、極夜の暗い中ではドキッとさせられることしばしば(笑)シロクマに遭遇しませんように(笑)近年は、シオラパルク村にも、シロクマがよくやって来る。

昨シーズンはハッサクのほうが立場は上だったのに、どうやら今シーズンは逆転してしまったみたい。

 

写真上:生後5か月頃のミカン。

写真下:今シーズンのミカン。

20211219(ブログ用)-2

20211218日(土) シオラパルク 曇り マイナス18.6

 的場さんが帰国した。来年の2月中旬頃にまた、観測調査に訪れる予定。コロナが落ち着いて、すんなりと来れますように・・。

20211218(ブログ用)-1
 

 今日のワンコは「ハッサク(八朔)2歳半」

身体が大きく、馬力もある。まだ若手だけど、よく言うことを聞くワンコです。次期リーダー犬にと、昨シーズンから少しずつ訓練している。

 

写真上:生後5か月頃のハッサク。

写真下:今シーズンのハッサク。

20211218(ブログ用)-2

20211216日(木) シオラパルク 曇り マイナス16.3

 ワンコ紹介、どんどんいきます(笑)柑橘三兄妹を紹介。

柑橘三兄妹?!なんじゃそりゃっ、だって?

「コナツ」「ハッサク」「ミカン」なのです。

20211216(ブログ用)-1
 

ということで、今日は「コナツ2歳半」。母犬は、去年ユーソッフィ爺さんのところに移籍したリッカ。父親は銀河と思われる。3シーズン前の、夏期の帰国中に生まれた。すごく優しいワンコで、誰にでも懐くタイプ。今は、研究者チームの家の番犬をしている(笑)

 

写真上:生後5か月頃のコナツ。

写真下:今シーズンのコナツ。すっかり大人の雰囲気です。

20211216(ブログ用)-2
 

20211215(ブログ用)

アバンナット2022年カレンダー、もう少し在庫があります。ぜひ!

ホームページ「北極圏をテツがゆく」を検索してもらえたら、案内が出ています。

20211213日(月) シオラパルク 晴れ マイナス19.4

 明日から曇りがちな天気が続きそうな予報。

 今日の海氷上からの写真。正午を過ぎた頃、南の空がやや赤く染まり、ほとんど真上を見上げたら、北斗七星。右手にはシオラパルク村の灯り。おまけに右手前には、ワンコたち。

いや~、幸せ!(笑)

20211213(ブログ用)

20211212日(日) シオラパルク 晴れ マイナス18.0

 数日前から、月が戻ってきた。極夜の空には月が明るく、太陽の代わりをしてくれる。気温も冷え込んできた。 

立て続けにワンコ紹介。「ミラン3歳」

20211212(ブログ用)-6

夏期の帰国中に預かってもらう間、あまり人には懐かないらしい。むむ~っ、どうしてだろう?優しいワンコなんだけどなあ。。僕にはメチャクチャ懐いているんだけど・・。仔犬の頃の写真を掘り出してみると、自分の娘と息子と同じように愛おしさが。娘が「ミラン」と名付けた。

 

写真上:仔犬の頃のミラン。

写真下:今シーズンのミラン。

20211212(ブログ用)-7

 2021年12月11日(土) シオラパルク 晴れ マイナス13.5℃
 久々に快晴。的場さんと黒崎さんと、海氷観測。
20211211(ブログ用)-1

 昨日のナノッ兄弟の紹介の続き。今日は「クマ3歳半」。兄弟で譲り受けた時に、名前が両方ともナノッとなっていて、紛らわしいので、白いほうを白クマにちなんでナノッ、黒い毛のほうを日本の黒色のクマにちなんで「クマ」と名付けることにした(笑)。昨シーズンまでは、クマの立場が上だったのに、今シーズンは形勢が逆転して、ナノッのほうが強くなっていた。ワンコ社会も複雑なんです(笑)クマはドックフードを散らかしながら食べる愛嬌あり。
写真上:海氷に穴あけの作業をする、的場さんと黒崎さん。
写真下:今シーズンのクマ。

20211211(ブログ用)-2

20211210日(金) シオラパルク  曇りのち晴れ マイナス11.7

128日(水)に、北海道大学・低温科学研究所の的場さんと、院生の若きホープ、黒崎さんがシオラパルクに到着した。的場さんは一旦、年内に帰国し2月頃にまた訪れることになるが、黒崎さんは3月中旬頃まで村に滞在して、フィールドワークを続ける。

今日は久々に犬ぞりを出すことが出来、海氷のデータ収集をしてきた。

今シーズン本格的に犬ぞりデビューのワンコたちも、順番に走らせていて、今日はミタットが走行。

20211210(ブログ用)
 

今日のワンコ紹介は、「ナノッ(白クマ)3歳半」。生後4か月頃に、マッシャングアから兄弟犬で譲り受けた。兄弟のエピソードは、次回に!

 

写真上:今日は6頭のワンコたちと出かけた。ベテラン犬は、僕の作業中にのんびり寝て待っているが、若手たちは落ち着きなくウロウロ(笑)左が、今日本格デビューした、ミタット。落ち着きのない最年長のワサビ(左から2番目)も、若手に交じってウロウロ。

写真下:生後6ヶ月の頃のナノッ兄弟と、今日のナノッ。

20211210(ブログ用)-3

 

2021127日(火) シオラパルク  雪のち曇り マイナス2.5

 天気、潮汐や海氷の状態が影響して、犬ぞりで出れない日が続いている。今朝の気温はマイナス2.5℃と、12月にしてはメチャクチャ暖かい。

20211207(ブログ用)-1
 

今日もワンコ紹介。「ギンガ(銀河)5歳半」。チームのリーダー犬。身体はやや小柄だけど気は強く、チームのワンコたちを引っ張ってくれている。僕がかける号令への反応が凄くいい。

 

写真上:沿岸の海氷がズダズダに割れてしまった(数日前)。

写真下:生後6ヶ月頃のギンガと、今シーズンのギンガ。

20211207(ブログ用)-2

2021125日(日) シオラパルク  マイナス13.4

 今年4月に、大阪・島本町の「しまもと環境・未来ネット」機関誌に、北極グリーンランドのことを執筆させて頂く機会がありました。

写真ファイルにしてみました。興味のある方は、ぜひ読んで下さい。

ここからも読めます → 

http://www.kankyo-mirai.net/wp-content/uploads/2021/08/b05b680e24e23237bca37f4f94727a76.pdf


20211205(ブログ用)-1
20211205(ブログ用)-2
20211205(ブログ用)-3
20211205(ブログ用)-4







2021124日(土) シオラパルク 晴れのち地吹雪 マイナス12.4

 新月前後の潮汐の大きさや、強風による波のうねりが海氷の下に入り込んで揺れるなど、色んな条件が重なって、沿岸沿いの海氷がズダズダに割れてしまって、犬ぞりで海氷上に下りれない状態が、数日前から続いている。

今日の午後からは地吹雪に。風も強まりそうで、海氷が流失する可能性あり。

20211203(ブログ用)-1

 ということで、今日もワンコ紹介。前回のワサビと兄弟の「ガリッ8歳)」。落ち着きのなさはワサビと同じだけど、性格は正反対で、どちらかというと控えめ。

 

写真:仔犬の頃のガリッと、今シーズンのガリッ。

20211203(ブログ用)-2

2021122日(木) シオラパルク 地吹雪のち晴れ マイナス12.4

 とにかく、たくさんの方からワンコたちを応援して頂いている。ワンコ紹介もしていきます。今回は歳の順にしますね。

20211202(ブログ用)-1

 まずは、ワサビ(8歳)。ついこの間生まれた気がするけど、今はチーム最年長の8歳だ。ちょこまかと落ち着きがない気の強いワサビも、随分と温厚になった(笑)。あと何シーズン走れるか?まだまだ頑張ってくださいよ。

 

写真:仔犬の頃のワサビと、今シーズンのワサビ。

20211202(ブログ用)-2


2021121日(水) シオラパルク 晴れ マイナス14.0

グリーンランドも師走に突入。一年が早いなあ・・。

 シオラパルクでは、1128日からインターネットの不通が続いて、今日ようやく復旧。首都NUUKが悪天候に見舞われ、グリーンランド全体で障害が出たそうだ。NUUKでは、停電も続いたらしい。

通信障害が、こんなに長引くのも珍しい。ここにきてグリーンランドでは、コロナ感染が急増していて、僕が滞在する北西部地方のすぐ南側にある、ウパナビックという町も少し前にロックダウンになった。悪天候もさることながら、作業をする技術者の方たちの国内移動も、何かとコロナの影響があるのでは、と想像している。

 そんな中、1128日から犬ぞりで、海氷のデータ収集作業を開始した。シーズン始めは、ワンコたちも体力が落ちているので、56頭くらいの小規模で、無理なく走り始めている。

 

今夜は内陸から強風が吹き下ろす気配。気圧も急降下で、風が強くなり始めている。

 

写真:暗くて写真がスッキリ撮れず(笑)

20211201(ブログ用)

 

↑このページのトップヘ