山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

グリーンランド北西部地方に古来から住む、エスキモー民族から伝承を受けた犬ぞりを操り、“アバンナット北極プロジェクト”に取り組む、山崎 哲秀のブログです。 このブログでは、北極遠征中や日本滞在中の活動の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2022年02月

2022227日(日) シオラパルク 地吹雪のち晴れ マイナス16.7

ブログが滞ってしまった。

20220227(ブログ用)-1a
 

221日(月)~22日(火)地吹雪で作業出来ず。

223日(水)午前、黒崎さんと海氷観測。午後、北海道大学・低温科学研究所の的場さんが、シオラパルクに到着。

224日(木)犬ぞりで海氷観測。

225日(金)~27日(日)、地吹雪で作業出来ず。

20220227(ブログ用)-2
 

ずっと安定していた天気が、ここにきて大荒れ模様。明日28日(月)は落ち着いた後、1日(火)からは3日間ほど、また吹き荒れる予報。1月からここまで、メチャクチャ天気が安定していたので、やっぱり反動が来るのか・・?(笑)

 

写真上:作業をする的場さん(手前)と黒崎さん。

写真中:ワンコと一緒に。

写真下:実は仔犬が1匹・・。

20220227(ブログ用)-3

2022220日(日) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス25.9

活動を続けている世界最北の先住民の村、シオラパルクでは、この1月から2月にかけて今のところ、気温の上下の変化も大きくなく、それなりに冷え込んでいると思う。この冬も暖かいのかと思っていたら、調子が狂ってしまう(笑)

 近年の自然環境の変化を見ていると「極北の民における獲物の獲り易さ」のことを考えることが、最近はよくある。

こんな構図になるんじゃないかな。

獲物の獲り易さの構図




 

2022217日(木) シオラパルク 曇り、薄曇り マイナス30.3

 午後225分頃、ようやく今年初めての太陽が顔を出す。この数日の曇りの間にすっかり陽は高まり、約1時間(PM3:30頃まで)ほど。この瞬間は、何度経験しても神聖だ。

20220217(ブログ用)
 

写真上:窓の外を眺める。

写真下:戻ってきた太陽&サンピラー&飛行機雲&ワンコ。

20220217(ブログ用)-2

2022216日(水) シオラパルク 曇り マイナス25.6

 生後6ヶ月を過ぎた、キナリ&ミダリ兄弟が、堂々の犬ぞりデビューを果たした。

20220216(ブログ用)-1

2月に入ってから、作業の合間に、キナリ&ミダリを海氷上に散歩に連れ出したりしていたが、グイグイと僕を引っ張るので、これはもう橇も曳けるなと感じて、いきなり成犬4頭と一緒に橇に繋いで走らせてみると、思った通りグイグイと引っ張った。まだ身体が全然出来上がっていないので、少しずつレッスンを続けて行こう。仔犬を育てて教えていく過程は、とにかく楽しい。

 

太陽は、今日も雲が邪魔をして拝めず。明日こそは!

 

写真:キナリ&ミダリ兄弟、堂々の犬ぞりデビューを果たす。

20220216(ブログ用)-2

2022215日(火) シオラパルク 雪のち薄曇り マイナス26.4

 そろそろ太陽が戻ってくるはず。期待して南の空を眺めていたが、出ない・・・。彼方にある島の向こうで、モクモクしている雲が邪魔したか?明日こそ!

20220215(ブログ用)-1
 

写真上:太陽は見えず。この辺りにいつも出るんだけど・・。

写真下:今日の作業風景。明日は満月。

20220215(ブログ用)-2

202229日(水) シオラパルク 薄曇り マイナス28.8

 昨年の今頃は、厳冬期の2月にして、シオラパルク村のあるフィヨルド内の海氷が、ブリザードで全部流失してしまい、やり残していた海氷のデータ収集作業があった。フィヨルドの外の海氷上(陸地から10km以上離れた)に2地点、新たに観測ポイントを設ける、という課題だった。

今日も黒崎さんと犬ぞりで出かけ、1地点でのデータを取ることが出来た。大型のブリーザードになると、海氷が流失しやすい地点だ。

空が透けるくらいの雲が薄くかかっていたが、天気はよく、ご機嫌で活動できた。

 

写真;新たに設置した観測点にて。海氷の厚さは、すでに発達して42cmほど。

20220209(ブログ用)

202228日(火) シオラパルク 雪 マイナス15.6

 20歳の頃は、早く30歳、40歳になってみたかった。30歳の頃は、早く40歳、50歳になってみたいと、その歳に憧れていた。そんな記憶がある。

この歳になっても、何か目標・夢に向かって取り組む姿勢は変わらないんだけど、やっぱり若い頃よりは色んな面で大人になってしまったな。意識も体力なんかも、いろいろ(笑)

60歳、65歳の将来を、楽しみにしていたい。

 

写真:灯りを目指して走るワンコたち。

20220208(ブログ用)-2


202222日(水) シオラパルク 晴れのち曇り マイナス30.8

 この冬、初めてマイナス30℃以下となった。負けずに犬ぞりで観測作業に出かけた。

 

写真:ワンコたちは寒くないんだろうか・・?

20220202(ブログ用)

202221日(火) シオラパルク 雪 マイナス20.7

シオラパルクは、マイナス20℃以下が続いていて、冬らしくそれなりに冷え込んでいる。

このところ、トンガの火山噴火についてのニュースをよく目にするが、火山灰の影響で寒冷現象が起こる可能性もあるとか。

例えば太陽活動が弱まっていて、地球が寒冷化されるという説も耳にするが、人間の活動の影響がもたらす温暖化現象以上に、自然の力がそれを上回り寒冷化されることも、十分に考えられるのだと思う。

地震予知などにしても、まだまだ自然現象の予測が難しいように、温暖化もどうなるか、今の段階でははっきりと予知はできておらず、一つの大きな可能性なのだと個人的には思う。自然界を人間が支配する日は、果たして来るのだろうか?犬ぞりで雪と氷の世界を走っていると、人間が小さな存在に感じてしまう。

ただ人為的なCo2排出が、温暖化現象を引き起こすことは、意識をもっていたい。

 

写真:昨日131日の南の空。太陽が戻るまで、あと2週間ほど。

20220201(ブログ用)

↑このページのトップヘ