山崎哲秀 ー北極圏をテツがゆくー

グリーンランド北西部地方に古来から住む、エスキモー民族から伝承を受けた犬ぞりを操り、“アバンナット北極プロジェクト”に取り組む、山崎 哲秀のブログです。 このブログでは、北極遠征中や日本滞在中の活動の様子を紹介します。 アバンナットプロジェクトの詳細は、山崎哲秀のホームページhttp://www.eonet.ne.jp/~avangnaq/ をご覧下さい。山崎哲秀の連絡先は、同ホームページに記載しています。

2022年05月

2022510日(火) 大阪 晴れのち曇り

 帰国後の大阪は、まだ過ごしやすい気温だ(笑)。これから汗ばむ季節がやって来る。

20220510(ブログ用)-6
 

今日の午前中に、コロナPCR検査指定機関に指定されている、地元にある医院に、自転車で検査を受けに行ってきた。夕方の結果を待ち、陰性証明書を受け取り、厚生労働省・検疫所に規定メールで送付。明日からコロナ待機解除、の通知が届いた。

グリーンランド滞在中で受けれなかった、3回目の予防接種、そして身体のメンテナンス健康診断と、このあと続く。

 

写真上:3枚のコロナ陰性証明書。左からコペンハーゲン、関西国際航空、在住地元の指定医院の陰性証明書。

写真下:厚生労働省・検疫所から届いた、コロナ待機解除通知。
20220510(ブログ用)-4

202255日(木) イルリサット 晴れ、コペンハーゲン 晴れ

 コペンハーゲンに着くと、夜があった。北緯78度に近いシオラパルクでは、4月に入って白夜になっていたので、しばらく暗闇を見ていなかった。

 

予定通りにコペンハーゲンまで来ることが出来た。シオラパルクを出てから、もう1週間だから、日本からはやっぱり遠いんだな(笑)

夜の10時頃にコペンハーゲンの空港に到着し、コロナPCR検査を受けに行くと、夜中の12時まで開いていたはずが、51日からPM6時までになったらしい。欧州では、需要が無くなってきたということか。朝の6時から開くそうなので、明日の朝いちで行くことにしよう。日本入国に陰性証明書が必要だ。

道中、誰もマスクはしてなかっかけど、頑なにマスクしてきた(笑)帰国後の予定がぎっしり入っていて、すんなり帰国したい。

 

写真:夜のコペンハーゲン空港の横にある宿から。

20220505(ブログ用)

202251日(日) カナック 晴れ

 429日のヘリコプター定期便は、なぜだかキャンセル。新型ヘリコプターの不具合とか、雲が視界を邪魔して引き返したとか、噂いろいろ。周辺一帯の天気は、そんなに悪くなかったはずなんだけど。

 

こうなると、これまでの長年の経験上、なかなかヘリコプター定期便が飛んで来ないパターンが多いので、その日のうちにスノーモービルをチャーターして移動することに。隣り町の友人にお願いしてみると、快く引き受けてくれスノーモービルを回してくれた。幸い今シーズンは、まだシオラパルク~カナック間は、スノーモービルでも通行可能なルートが残っていた。いいコンディションだと2時間ほどで行けるところ、5時間かかり、カナック到着は夜の11時頃だったけど・・(笑)白夜だから良しとしよう。

他にもヘリコプター予定の訪問客がいて、スノーモービルに便乗することになり、小さいソリに全員で4人の乗客だった(笑)

20220501(ブログ用)


30日は、何も作業をしなくていい開放感からか、ひたすら眠り続けた。久しぶりによく寝た。

そして今日、お世話になっている知人宅を朝から4軒ほど回り、カナックでする最低限のことを終わらせた。

 

写真:カナックの町から、氷山が連立するフィヨルドを眺める。

↑このページのトップヘ