今シーズンの北極活動のため、間もなく1113日に日本出国です。その前に、今回の日本帰国中の最大の課題であった取り組みが完了しました。時間に追われていた中で、合間をぬって準備を進めておりました。

2006年から「犬ぞりによるアバンナット北極圏環境調査」と称した個人の任意での活動を、「一般社団法人 アバンナット北極プロジェクト」と称して、今後15年を期限に、心新たに取り組んでいくべく登記を終えました。これまで通り、「環境への取り組み(観測調査関係も含めた)」は、当然ながら継続します。それに「国際交流・文化交流(グリーンランド北西部地方と日本の地域との姉妹都市提携と、その後の両地域間の交流)」をテーマに加え、この2本柱で、目標を達成出来るようにトライしていきます。個人の任意だけではクリアできない不具合を、この数年は感じていて、この運びとなりました。運営は未知の世界です。やってみないと分かりません。一人では出来る世界ではありません。皆さま、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

エスキモー民族の伝統文化である「犬ぞり」は、伝統文化継承の意味合いでも、今後も活動手段として不可欠で、観測データ収集や観測調査支援等にも駆使し、継続していきます。