2018年1月17日(水) シオラパルク 晴れ -18.6℃
 月曜日から、予防接種の担当者がシオラパルク村を訪れていて、村の犬たちに感染病の予防接種をしてくれている。なんでも今年から、犬識別のマイクロチップを体内に埋め込んで管理する試みが始まるそうで、僕のワンコたちも皆、予防接種&マイクロチップを埋め込んでもらった。
20180117(ブログ用)-1

ただこの北西部地方全体でいうと、犬ぞりが今のところまだ、冬の生活の交通手段に利用されている割合が大きく、犬の数が半端じゃないのと、老衰・体調不良で亡くなっていく犬や、産まれてくる犬もひっきりなしで(避妊、去勢手術を受けれる施設はないので)、入れ替わりが激しく、管理しきれるのだろうか・・?ワクチンもなかなか届かないし・・。しばらく何年か続けて、有効かどうか見極める必要があると思う。興味を持って見ることにしよう。

写真:マイクロチップを肩甲骨のあたりに埋め込んだ(注射器タイプで、打ち込む)あと、反応するか機器で確認をしている様子。