Arltzu_h 10月14日(日)〜10月19日(金)
シオラパルク村に来て1週間が過ぎた。連日天候が悪く、16日からはアバンナット(北から吹く冬のブリザード)が地吹雪を舞い上げて吹き続き、19日の夕方にようやくおさまった。17日は定期ヘリコプターが村までやって来たにもかかわらず強風のため、へリポートに下りることができずに引き返して行った。12日に村に入れたのはラッキーだった。まだ気温はマイナス10℃前後といったところだが、ひと風ごとに冷え込んでいくのだろう。
預かってもらっていた犬達は引き取り、またチーム作りが始まった。海氷上を走れるまで海が凍るのは、もう少しかかるだろうが、装備などの準備も少しずつ始めている。
そして気象観測を始め、積雪サンプリングなどといった、研究者の方達から戴いた観測課題も進めている。海氷観測がもう少しすれば加わるだろう。
今年最後の太陽がもうすぐ姿を消してしまう。この季節はなんとなく寂しい。
村の猟師たちは、連日の悪天で狩に出れず「仕事にならない」と嘆いている。
19日午後を回り、ようやく天気が落ち付いた。