【3月4日】-28.1度

相変わらず高い地吹雪により停滞2日目。強風だとテントの中でコンロを炊いても寒く手が冷える。

これから4月に向けて、段々日が長く、そして気温も高くなり行動時間を長く取ることができるようになるが、その場合は出発時間を早めることとし、移動終了時間はこれまでどおり、午後3時(日本時間で朝の6時)くらいにする予定。

【3月5日】-28.4度

朝9:45分、低い地吹雪の中、3日ぶりに移動開始。今日のルートは氷が平らで順調に進んだためお昼過ぎに行動終了。こんな平らなルートがずっと続いたら楽しいだろう。レゾリュートを出発前に衛星画像で確認した、海氷上のクラック(氷の割れ目)の地点は、明日、通過予定。慎重に行きます。

キャンプ地到着後、昨シーズンから遠征に持参しているソーラーパネルを試してみた。初めは受電したが、夕方は太陽高度が低くなって充電しなくなった。日に日に夕方の太陽高度も上がってくるので心配はしていないが、当面は電池の消費を節約し、大事に使おう。

ラッシがそろそろ発情の時期を迎えるようだ。紅一点(メス1匹、オス10匹)はモテモテである。

※ブログの左側のメニューバーの中の「地図 今ここにいます」の「 Tetsu's expedition 2010-1」をクリックいただくと、グーグルマップで表示されるようになっています。