20101210日(金) 地吹雪 -28.3

 早朝はよかった天気が荒れ始め、高い地吹雪となった。そんな中、町では白熊が徘徊している、と騒動になっている。学校も休校になったりしたそうだ。

白熊のことは何度も書いているが、温暖で海氷が融けていて、餌が獲れないから人里に現れるのではないと思う。絶滅の危機というが、逆に増えすぎて、海で餌を獲る競争率が激しいから人里に来るとも考えられるし、温暖とは切り離して考えたほうがいいと思う。また人里で残飯をあさったり、保管してある動物の肉をあさったりするのも、もしかしたらそれに慣れてしまって、自分でアザラシなどといった獲物を獲る方法を知らないとも考えられる。もともとの白熊は、海氷がなくても、獲物を獲る方法も知っているし、思っている以上にかなり図太い生命力の持ち主だ。それとも近代の白熊が、海氷がなければ獲物を獲ることが出来なくなってしまったというのか?あくまでもこちらで活動する中で、白熊を見ていて個人的に感じることですが・・。アニメで(たしか、風の谷のナウシカ?)、「お前たちは森に帰りなさい。」といったシーンがあったような気がするが、白熊にも「お前たちは北極海に帰りなさい。人里はお前たちが住む場所ではないのだよ。」と声をかけたくなる。

 今日のワンコ近況は「ボタン」。今年の2月に生まれたコウの子供だが、体は他のベテラン犬たちとも見劣りしないくらい、すっかり立派だ。まだ若すぎて、元気がありすぎるくらいだが、今のところ喧嘩はあまり好まないようで、優しい性格みたいだ。名前の由来となった、おしりの丸いボタン模様のブチは、今もくっきりです。

写真:今日の「ボタン」。地吹雪に丸まって・・・。

20101210