20101223日(木) 晴れのち曇り -18.0

 少し前に白熊に遭った地点まで犬ぞりで出かけた。その時は観測データをとらずに戻ってきたのだったが、今日は久々に穏やかな快晴となったので、やっと仕切り直しすることができた。月明かりもまだ残っていて、正午の薄明に加わって、周辺を明るくしてくれた。氷の厚さは90cmほどあった。昨シーズンの同じ時期、同じ周辺の海氷の厚さが60cm110cmと場所によって違いがあったが、今シーズンは薄いのか厚いのか、まだよく分からないなあ。そのうちもう少し明るくなってきたら、さらに沖合いに行ってみよう。

 今日のワンコ近況は「カヌッルンニ」。ラッシ亡きあとは、カヌッルンニがチームで一番食い意地がはったワンコとなった。犬たちの様子を見に行く時と、餌をやりに行く時との違いに、最初に気付くのがカヌッルンニ。餌の時は、かなり遠いところからワンワン、ワンワンと騒ぎ出す。喧嘩はチームで一番弱いくせに、他の犬の餌を横取りしようとして、やられてもやられても、また横取りしようとして、またやられるのがカヌッルンニです。憎めません。

写真:今日のカヌッルンニ。黒目がちで、普段は毛の色に目が隠れて何処にあるか分からないけど、今日はフラッシュの光に反射した目がくっきり。

20101223