11月14日(木)グリーンランド・シオラパルク村 晴れのち地吹雪 -10.3℃

11141_3 11月1日、僕のホームグラウンドであるグリーンランド最北の村「シオラパルク」に到着。近年はこのシオラパルク村でもインターネットが繋がる時代で、手続きを始めてようやく本日開通。2週間かかってしまった。

とりあえず、ブログ更新出来なかった10月30日以降の報告を簡単にします。

10月30日は予定通りイルリサットを出発。カナックへは週一便のフライトしかない。その日のPM12時半頃カナックに到着。カナックは北西部地域最大の町で、以前は800~900人ほどまで人口が増えていたが、現在は500~600人くらいに減っているそうだ。30、31日はカナックで友人のマッハングア宅に泊めてもらった。その日のうちにヘリコプターで乗り継いでシオラパルク入りすることも出来たのだが、シオラパルクで借りる予定の小さな家の家主さんに会って、挨拶して鍵を受け取ったり、インターネットの申し込みなどしておく必要があった。

そして11月1日(金)のヘリコプター便で目的地のシオラパルクにようやく到着。シオラパルクには天気が良ければ週2便(水、金曜日)のヘリコプター定期便がある。村の現在の人口は40人少しとのこと。以前より半分ほどに減ってしまった。寂しい限りだ。

到着後さっそく活動できるように態勢作りを始めた。生活態勢を始め、デポしてあった古い犬ぞり用のソリの補修作業、そしてさっそくドックチーム作りも始めた。マッハングアから2頭、カーリから3頭、計5頭の犬たちをまず引きとることが出来た。そしてつい最近、ユーソッフィから2頭を引きとり、現在は7頭。まずはこの犬たちでチームのベースを作りたいと思う。海氷はまだ安定していないので大胆に犬ぞりで乗り入れることは出来ないが、沿岸に近いところで11月8日からさっそくレッスンを開始している。ようやくこのあと活動していくための下準備が整った。長年同じことを繰り返していても、シーズンの始まりがやっぱり大変で、なにかと時間がかかってしまう。最低限の態勢は出来上がったという感じで、このあとプラスアルファでやって行こう。

また生活の様子、犬たちや活動の様子を伝えて行きたいと思います。

写真上:11月6日のシオラパルク村。10月25日前後からすでに太陽は一日中姿を見せない極夜だ。

写真下:11月8日、雪の中を犬ぞりトレーニングを開始する。

201311142