12月27日(金)シオラパルク 雪 -16.5℃

20131227

 グリーンランド北西部地域に住むエスキモーの人たちは、僕にとっては北極での活動法を教えてくれた師匠であるのだが、その中でも特に、シオラパルク村に40年以上にわたって猟師として在住する大島育雄さんは、実質的な僕の北極での師匠だ。その大島さんが、ジャコウウシの毛皮をクリスマスにとプレゼントしてくれた。敷皮になっていて、犬ぞり時のソリに座る時にお尻の下に敷いたり、テントで寝る際にマット代わりにすると、すこぶる暖かいのだ。毛がフサフサしている。大切に使いたいと思う。

 写真:頂いたジャコウウシの敷皮。