2018年2月20日(火) シオラパルク 雪一時曇り -19.2℃
 15日にインターネットが不通となり、グリーンランドの電話局に調べてもらっていたら、モデムの故障と判明。とりかえてもらい、今日になって復旧した。

 いや~、色々あった一週間だった。
 まずは、伝染病に感染した、仔犬の「オーブ」(オス)が残念ながら生きれず。13日に亡くなる。最後は痛々しく、見ていられなかった。残っている4匹の仔犬にも、感染してしまった可能性があり、経過を見ていたところ、もらわれて行く予定だったメスの仔犬1匹も、同様に生きれず。18日にいなくなってしまった。ブルーだ。なんとかこれで止まってくれますように、祈るしかない。

 15日に、4月に観測で登坂する予定の、Meehan氷河の偵察に。20年前に比べると、登行ルートが年々悪くなっている。この日は、海氷から氷河のサイドモレーンに取り付くところから、氷河の背に乗っかるまでのルートの偵察。目印旗を立てて、一つのルートは確認したが、あまり氷が良くない。次回は、もう一つの、上へ抜けていくルートを確認してみることにしよう。
20180220(ブログ用)-1

そうそう、氷河のサイドモレーンで、水が流れているのに出くわす。2月、寒い季節なのに凍り付かず、どこから湧いて出る水なのか?
この日、犬たちを歩いて誘導し、氷河を下りて来る時に、バランスを崩して変なふうに倒れ込んでしまい、左膝裏を痛めてしまった。打撲なのか、筋を伸ばしてしまったのか、翌朝は脚を引き摺って歩く状態。踏ん張れず、何日か動けずにいたが、回復の兆し。今日20日は、感覚を確かめるために犬ぞりを出した。犬たちの速い動きに煽られると、膝の裏側が響くが、そのうち治りそうだ。
 そしていいことも。極夜が終り、2月16日に4か月ぶりに太陽が顔を出した。このあとはいいことが続くだろう。
201802120(ブログ用)-2

写真上:2月15日に、氷河の偵察へ。
写真下:2月16日。シオラパルク村に、太陽が戻って来た!